平成最後の日曜日に奇跡が…みんなが投稿した「環水平アーク」が凄い!

雑学
By: kuracom

平成最後の日曜日に奇跡のようなことが起こりました。

4月28日(日)午前、西日本や東日本では上空に薄雲がかかり、「環水平アーク」や「幻日環」などの大気光学現象が見られています。

環水平アークとは

太陽の下46度の水平線上の薄雲に虹色の光の帯が見えるもの。水平弧、水平環 とも呼ばれます。大気中の氷晶に太陽光が屈折して起こるもので、太陽高度が58°以上の時にしか出現しません。

環水平アークは、太陽が高く昇る時期・時間帯にしか出現しないため、3月から9月の昼前後が観測しやすい時期となります。

それでは、Twitterで投稿された環水平アークをご紹介いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました