髭男爵の山田ルイ53世が紹介…ジョイマン高木の生き方が素晴らしい

おもしろ
28703 / Pixabay

ただいまネット上では、髭男爵の山田ルイ53世さんの文書が話題になっています。

髭男爵とは、10年ほど前の2008年に、“まあまあ”売れたが、現状はさっぱりの一発屋です。

そんな山田ルイ53世さんの文書がこちら

「大きくなったら、ジョイマンになりたい」――パパは一発屋、娘に明かせない高木に迫る時限爆弾 - Yahoo!ニュース
髭男爵・山田ルイ53世。この春、小学校に上がった一人娘の父親でもある。娘には職業を“とんでもなくフレキシブルに働くサラリーマン”で通している。理由は一発屋だ。

昔一発屋で鳴らした芸人さんは数多くいます。お笑いコンビ「ジョイマン」の高木晋哉さんもその一人。
自身のラップネタ「ナナナナー、ナナナナー」で一世を風靡しました。

かつて、ブレークを果たし、お茶の間のヒーローになったジョイマン・高木。

そんなかれの優しい生き方を山田ルイ53世さんが紹介しているのです。

この件にはネットでもいろいろな言葉が出ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました