目がビックリ!錯覚を利用した不思議な「錯視」画像をまとめ

あなたは見破れるか?目の錯覚を利用した不思議な「錯視」の種類と画像をまとめ。

錯視とは?

錯視(さくし、英: optical illusion)とは、視覚に関する錯覚のことである。俗に「目の錯覚」ともよばれる。
出典 錯視 – Wikipedia

生理的錯覚に属するもの、特に幾何学的錯視については多くの種類が知られている。
出典 錯視 – Wikipedia

だまし絵とは異なる原理による。
出典 錯視 – Wikipedia

ミュラー・リヤー錯視
線分の両端に内向きの矢羽を付けたもの(上段)と外向きの矢羽を付けたもの(中段)の線分は、上段が短く、中段は長く感じるが、実際は同じ長さである。

ツェルナー錯視
黒い長線は平行ではないように見えるが、実際には平行である。短線は長線と角度をなしている。この角度は、長線の一方の端が、他方よりも我々に近いという印象を与える。

ヘリング錯視
この歪みは、背景の線分パターンによって生じており、背景が遠近感の手がかりとなることで奥行きの感覚を生じている。

ポンゾ錯視
二つに交わる線分の間に平行線を入れると、上の平行線が長く見える。錯視の発生は決して強くないが、一般によく知られる錯視の一つ。また、同視の錯視にはポンゾの円筒がある。

フィック錯視
同じ長さの図形は縦にされたものが横にされたものより長く感じるという錯視。 右の図形「A」と「B」は合同であるが、図形Bの方が長く見える。

ポッゲンドルフ錯視
斜線を描き、その間の形跡を別の図形で隠すと、その直線の始まりと終わりがずれて見える錯視で、よく知られる錯視である。図ではAとつながっているのは、一見それらしく見えるBではなく、Cが正しい。

デルブーフ錯視
2つ合同な円を描き、片方には外に大きな同心円、もう片方には外に小さな同心円を描くと、元の円の大きさが異なって見える錯視。大きさが極端なほど錯視も顕著になる。

オッペル・クント錯視
まずは等間隔に3本の平行線を引き、それぞれA、B、Cとする。AとBの間には何本もの平行線を引き、BとCの間には何も引かない。すると、AとBの間隔の方が広く見える。図の線分ABと線分BCの距離は同じである。

フレイザー錯視
中央を共有する複数の円の上に傾き錯視が現れるようにすることで得られ、同心円が渦巻きのように見えるようになる。これは、水平から若干傾けた斜線を平行に置くことで、全体としては水平であるはずの直線が、傾き方向に傾いて見える現象を利用している。

ミュンスターバーグ錯視・カフェウォール錯視
平行線の両側に等間隔に同じ色の正方形を描く(上下互い違いになるようにする)。すると、平行なはずの線分が歪んで見える。カフェウォール錯視はその線分が灰色になったもので、より屈折度が高まる。

エビングハウス錯視
同じ大きさの図形でも、大きい物の周りに置かれると小さく、小さい物の周りに置かれると大きく見える錯視。円形、球体が最も効果が現れる。

ジャストロー図形
二つの扇形では内側、即ち下の扇形の方が大きく見える。しかし下の図を見ればわかるようにこの二つの扇形は同じ形である。また、その応用で台形を上下に並べると必然的に上の台形が大きく見える。

ヴント錯視
2本の垂直線が直線であるが、内側に歪んでいるように知覚される。この歪みは、周辺の斜線によって引き起こされ、オービソン錯視に類似する。

オービソン錯視
側の長方形と内側の正方形が、斜線の存在によって歪んで見える。

ザンダー錯視
左側の大きな平行四辺形の対角線は、右側の小さな平行四辺形の対角線よりも、長く見える。しかし、実際には同じ長さである。

エーレンシュタイン錯視
同心円の内側にある正方形の辺が、主観的に歪んで見える。

カニッツァの三角形
周辺の図形とともに、白い正三角形が知覚されるが、実際には中心の三角形は物理的に存在しない。

マッハバンド
微妙に濃淡の異なるグレーの領域が接触している場合に、暗い方の領域の境界付近はより暗く、明るい方の領域の境界付近はより明るく強調されて見える、錯視の一種である。

ネオン色拡散
ネオン色拡散の例。白背景の格子部分のネオン色が円またはひし形状に見える錯覚。

色の同化
背景の色は全て同じであるが、元の色よりも線の色に似た傾向の色に見える。

チェッカーシャドウ錯視
AとBのタイルの色は同じである。

その他色々な画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました