小学生が見つけた「動物の骨」 実は人骨だった!

兵庫県警神戸北署は24日、神戸市北区の山中で今年2月に小学生が見つけ、野生動物の骨として小学校で保管していた骨が、人間の頭蓋骨の一部であることが分かったと発表した。ニュースをまとめ。

○野生動物の骨として小学校で保管していた

兵庫県警神戸北署は24日、神戸市北区の山中で今年2月に小学生が見つけ、野生動物の骨として小学校で保管していた骨が、人間の頭蓋骨の一部であることが分かったと発表した。
出典 小学生が見つけた「動物の骨」…人の頭蓋骨と判明 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

神戸市北区山田町下谷上の山中で同市内の小学生が見つけ、「野生動物の骨」として学校に保管されていた骨が、人間の頭蓋骨の一部だったことが分かった。
出典 小学生発見「動物の骨」実は人骨 – goo ニュース

神戸北署が24日、発表した。
出典 小学生発見「動物の骨」実は人骨 – goo ニュース

○男児が遊んでいた沢で発見


出典 www.gettyimages.com

同署によると、当時小学6年だった男児が2月に同区山田町下谷上の山中で遊んでいたところ、沢に骨が落ちているのを発見した。
出典 小学生が見つけた「動物の骨」…人の頭蓋骨と判明 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

同署によると、この骨は2月下旬ごろ、当時小学6年生だった男児が遊んでいた沢で発見。
出典 神戸新聞NEXT|事件・事故|小学生発見の「動物の骨」 人骨だった 神戸

○野生動物の骨と思い込み、学校に保管

渡された教諭が野生動物の骨と思い込み、学校に保管していた。
出典 神戸新聞NEXT|事件・事故|小学生発見の「動物の骨」 人骨だった 神戸

男児から受け取った小学校の男性教諭が野生動物の骨と思い、同校で保管していた。
出典 神戸新聞NEXT|事件・事故|小学生発見の「動物の骨」 人骨だった 神戸

しかし、骨を処分することになり、念のために教頭が今月23日に同署に届け出たところ、人間の骨と判明した。
出典 小学生が見つけた「動物の骨」 実は人の頭蓋(ずがい)骨 – 産経WEST

骨は頭頂部から後頭部にかけてとみられ、性別は不明。同署は24日午後から発見現場付近を捜索する。
出典 小学生発見「動物の骨」実は人骨 – goo ニュース

○動物の死体は法律上、どんな扱い?


出典 amanaimages.com

『動物の死体』は、刑法上の死体損壊罪などには該当しません。しかし、廃棄物処理法上の『廃棄物』には、『動物の死体』も含まれています。
出典 「人骨」入りのカバンを放置して逮捕ーー「遺骨」を持ち歩いたらダメなのか?|弁護士ドットコムニュース

生活環境の保全および公衆衛生の向上のため、適正に処理することが求められます。
出典 「人骨」入りのカバンを放置して逮捕ーー「遺骨」を持ち歩いたらダメなのか?|弁護士ドットコムニュース

嫌がらせ目的の故意による動物の遺体の遺棄は、その態様によっては刑法上の威力業務妨害罪(刑法234条)や傷害罪(刑法204条)を構成する。
出典 死体遺棄 – Wikipedia

廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)上の「廃棄物」には「動物の死体」が含まれており、動物の死体は同法により適正に処理されることを要する。
出典 死体遺棄 – Wikipedia

○ネットの声

コメント

タイトルとURLをコピーしました