不満叫んでサンマを投げ飛ばす!!「第9回ちゃぶ台返し世界大会」が開かれた!

日ごろの不満を叫びながらちゃぶ台をひっくり返し、台に載せられたおもちゃのサンマが飛んだ距離を競う「第9回ちゃぶ台返し世界大会」が27日、岩手県矢巾町のショッピングモールで開かれた。内容をまとめ。

○「第9回ちゃぶ台返し世界大会」が開かれた


岩手県矢巾町で開かれた「第9回ちゃぶ台返し世界大会」に参加し、白衣を着た女医の姿でちゃぶ台をひっくり返す女性

日ごろの不満を叫びながらちゃぶ台をひっくり返し、台に載せられたおもちゃのサンマが飛んだ距離を競う「第9回ちゃぶ台返し世界大会」が27日、岩手県矢巾町のショッピングモールで開かれた。
出典 岩手でちゃぶ台返し大会 日ごろの不満叫び  :日本経済新聞

「遠距離結婚で片道7時間!」「じめじめして布団が干せない!」など参加者が不満を叫ぶたび、観客からは大きな笑い声が上がった。
出典 Cookieを有効にしてください|新潟日報モア

参加者は、かっぽう着を着たお母さん役の女性の「やめてー」という声を合図に、不満を爆発させながら競技用の縦30センチ、横40センチ、高さ22センチのちゃぶ台をひっくり返す。
出典 遠距離結婚、片道7時間! 岩手でちゃぶ台返し大会 – 産経ニュース

○ネット上での参加の声

○ユニークな叫びで会場は笑いの渦に

パンチ佐藤さんがゲスト
今年も、ご両親が岩手県出身のパンチ佐藤さんがゲスト

地元の文具店に勤める佐藤浩さん(55)は応援している阪神タイガースのユニホームを着て登場。
出典 岩手でちゃぶ台返し大会 日ごろの不満叫び  :日本経済新聞

プロ野球の交流戦でパ・リーグの勝ち越しが続いていることに「セ・リーグが弱すぎる!」と憤りを爆発させ、サンマを3メートル先に飛ばした。
出典 遠距離結婚、片道7時間! 岩手でちゃぶ台返し大会 – 産経ニュース

大会は2007年に始まり、飛距離の最高記録は09年に埼玉県の男性が記録した9.2メートル。
出典 岩手でちゃぶ台返し大会 日ごろの不満叫び  :日本経済新聞

○「ちゃぶ台返し世界大会」とは

ちゃぶ台の上に乗った湯飲みの飛距離、飛び方の美しさ・芸術性、参加者の衣装・パフォーマンスなどで総合的に採点し順位を決めます。
出典 第弐回ちゃぶ台返し世界大会

基本ルール

1.競技用公式ちゃぶ台(公式サイズ:縦300mm×横400mm×高さ220mm)を使用します。
出典 第弐回ちゃぶ台返し世界大会

2.ござの上の座布団にあぐらをかく。合図と共に豪快にちゃぶ
台をひっくり返しちゃってください。ちゃぶ台に乗っている食器(玩具)を飛ばします。(ちゃぶ台自体が「発射台」になります。)
出典 第弐回ちゃぶ台返し世界大会

3.ちゃぶ台が、ござ(約3畳)からはみ出るとファウルです。
出典 第弐回ちゃぶ台返し世界大会

4.平和を願う世界大会です。国際問題に発展しかねないパフォーマンスや発言は禁止します。(やっちゃったら即失格・即退場)
出典 第弐回ちゃぶ台返し世界大会

5.色々な意味でKYな方はご遠慮ください。
出典 第弐回ちゃぶ台返し世界大会

6.年齢・性別・国籍は問わずどなたでも参加できます。
出典 第弐回ちゃぶ台返し世界大会

○気になる優勝者は・・・


イメージ

優勝したのは徳島市の松尾香織さん(29)で、岩手県に暮らす夫との別居生活への不満の叫びが評価された。
出典 岩手でちゃぶ台返し大会 日ごろの不満叫び  :日本経済新聞

叫んだ言葉やコスプレなどのパフォーマンスも審査対象となり、優勝者には金色のちゃぶ台や地元産米5キロが贈られた。
出典 遠距離結婚、片道7時間! 岩手でちゃぶ台返し大会 – 産経ニュース

金色のちゃぶ台や地元産米5キロを賞品として贈られた松尾さんは「来年は2連覇を目指します」と喜んだ。
出典 岩手でちゃぶ台返し大会 日ごろの不満叫び  :日本経済新聞

○ネットの声

コメント

タイトルとURLをコピーしました