北陸新幹線グランクラスの本革シートはレクサスだった!「世界に誇れる座り心地を」

主力車両「E7系」「W7系」の最上級クラス「グランクラス」は鉄道ファンならずとも、一度は乗りたい車両だ。このグランクラスの座席を開発したのが、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」のシートを手がけるトヨタ紡織。内容をまとめ。

○北陸新幹線(長野-金沢)が開業

北陸新幹線
北陸新幹線は、2015年春に長野新幹線が延伸して開業します。長野、上越、富山など北陸の主要都市を経由して金沢まで延びます。

3月14日、北陸新幹線(長野-金沢)が開業し、東京と金沢が約2時間半で結ばれた。
出典 定員は18人:世界に誇れる座り心地——「レクサス」品質を凝縮した新幹線のグランクラス (1/2) – ITmedia ビジネスオンライン

主力車両「E7系」「W7系」の最上級クラス「グランクラス」は鉄道ファンならずとも、一度は乗りたい車両だ。
出典 定員は18人:世界に誇れる座り心地——「レクサス」品質を凝縮した新幹線のグランクラス (1/2) – ITmedia ビジネスオンライン

アテンダント(客室乗務員)によるおかわり自由のフリードリンクや軽食など、“ファーストクラス”並みのサービスが受けられる。
出典 【中韓たじろぐ日本技術】“世界最高級”北陸新幹線「グランクラス」に投入されたトヨタ「レクサス」テクノロジー(1/4ページ) – 産経ニュース

このグランクラスの座席を開発したのが、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」のシートを手がけるトヨタ紡織。さまざまな車種で培った経験を惜しげもなくつぎ込んだ。
出典 定員は18人:世界に誇れる座り心地——「レクサス」品質を凝縮した新幹線のグランクラス (1/2) – ITmedia ビジネスオンライン

○グリーン車より格上の最上位クラス「グランクラス」


グランクラス車内

JR東日本のE7系とJR西日本のW7系。東北新幹線のE5系と同様、グリーン車より格上の最上位クラス「グランクラス」。
出典 トヨタ紡織、北陸新幹線向けグランクラス用シートに見せたこだわり | レスポンス

グランクラスの定員は18人でグリーン車の3分の1以下だ。客室内の座席配置は通路をはさんで1人掛けと2人掛け。
出典 定員は18人:世界に誇れる座り心地——「レクサス」品質を凝縮した新幹線のグランクラス (1/2) – ITmedia ビジネスオンライン

シートピッチ(座席の前後間隔)は130センチ、実際に腰が下ろせる座席有効幅は52.5センチ。グリーン車よりそれぞれ14センチ、5センチ長い。実際に座ると、シートに体全体が包まれるような感じだ。
出典 【中韓たじろぐ日本技術】“世界最高級”北陸新幹線「グランクラス」に投入されたトヨタ「レクサス」テクノロジー(1/4ページ) – 産経ニュース

シートの角度もグリーン車が最大37度に対し、グランクラスは43.6度。シートピッチが広いため、目いっぱい倒しても窮屈な印象はない。
出典 定員は18人:世界に誇れる座り心地——「レクサス」品質を凝縮した新幹線のグランクラス (1/2) – ITmedia ビジネスオンライン

○車で培ったノウハウを活かし、他社にはマネのできない様々な工夫


北陸新幹線の最上級クラス「グランクラス」の座席を開発したトヨタ紡織の担当者

トヨタ紡織渉外広報部広報企画室の坂田誠室長によれば、このシートの開発にあたり、「車載で培ったノウハウを活かし、他社にはマネのできない様々な工夫を施した」と話す。
出典 トヨタ紡織、北陸新幹線向けグランクラス用シートに見せたこだわり | レスポンス

本革シートの座面には無数の小さな穴を施しているが、これは車載シートで好評だった通気性を確保するためのもの。
出典 トヨタ紡織、北陸新幹線向けグランクラス用シートに見せたこだわり | レスポンス

かつてのトヨタ・クラウンなどに採用されたファンこそ備えていないが、本革シートでありがちなベタつき感を解消するのに効果があるという。
出典 トヨタ紡織、北陸新幹線向けグランクラス用シートに見せたこだわり | レスポンス

リクライニング機構にもこだわりがあった。リクライニング時は背面だけが倒れるのではなく、ロッキングチェア風に座面も一体で傾くため、シャツなどが引っ張られたりしないのだ。
出典 トヨタ紡織、北陸新幹線向けグランクラス用シートに見せたこだわり | レスポンス

○誰が座っても一定の座り心地を求めて

グランクラスの座席開発について、第3シート設計部の稲留誠一郎主任は「自動車用に比べシートピッチが広く取れ、車体内部の内寸も広いため設計の自由度は高かった」と振り返る。
出典 定員は18人:世界に誇れる座り心地——「レクサス」品質を凝縮した新幹線のグランクラス (1/2) – ITmedia ビジネスオンライン

根本の設計思想を「誰が座っても一定の座り心地になるようなシート」(稲留氏)に置いたが、シート表皮の風合いや操作性、身体へのフィット感などは自動車の経験をそのまま生かすことができた。
出典 【中韓たじろぐ日本技術】“世界最高級”北陸新幹線「グランクラス」に投入されたトヨタ「レクサス」テクノロジー(1/4ページ) – 産経ニュース

鉄道向けだからこそ苦労したことも少なくない。自動車も鉄道も座席には20年程度使える耐久性が求められる。
出典 【中韓たじろぐ日本技術】“世界最高級”北陸新幹線「グランクラス」に投入されたトヨタ「レクサス」テクノロジー(3/4ページ) – 産経ニュース

「耐久性は自動車の10倍以上が必要」と判断し、シートを支える骨組みや座席を前後に動かすレール、座面や背もたれを倒すために動かす機構などはすべて一から開発、設計したという。
出典 【中韓たじろぐ日本技術】“世界最高級”北陸新幹線「グランクラス」に投入されたトヨタ「レクサス」テクノロジー(3/4ページ) – 産経ニュース


「グランクラス」の2人掛け座席。誰が座っても一定の座り心地を求めて開発した

○世界に誇れるシートへ

自動車は開発から完成まで数年かけることが多いが、グランクラスの座席の場合は1年に満たなかったという。
出典 定員は18人:世界に誇れる座り心地——「レクサス」品質を凝縮した新幹線のグランクラス (2/2) – ITmedia ビジネスオンライン

開発拠点である猿投工場(愛知県豊田市)に何日も泊まり込んでもらい、どうしたら品質の良い座席を効率よく生産できるかを議論。その都度、図面に反映させていった。
出典 【中韓たじろぐ日本技術】“世界最高級”北陸新幹線「グランクラス」に投入されたトヨタ「レクサス」テクノロジー(3/4ページ) – 産経ニュース

「もし不具合が起きたらと、ずっとヒヤヒヤしながら車中を過ごしていた」が、隣に座ったJRの担当者から「これはすばらしい腰掛けだ」と声をかけられたときは思わず涙がこぼれたという。
出典 定員は18人:世界に誇れる座り心地——「レクサス」品質を凝縮した新幹線のグランクラス (2/2) – ITmedia ビジネスオンライン

「納期が短くプレッシャーの連続だったが、不思議と『絶対に間に合わせる。世界に誇れる立派な座席を作ろう』という気持ちが出来上がっていた」と振り返る。
出典 【中韓たじろぐ日本技術】“世界最高級”北陸新幹線「グランクラス」に投入されたトヨタ「レクサス」テクノロジー(3/4ページ) – 産経ニュース

グランクラスクラブ|東北新幹線・北陸新幹線のファーストクラス専門サイト

○ネットの声

コメント

タイトルとURLをコピーしました