「被爆者手帳」平均80歳超す 人数は過去最少を記録

被爆者健康手帳を持っている全国の被爆者は2014年度末で18万3519人となり、平均年齢は13年度末時点に比べ0.69歳高い80.13歳だったと明らかにした。ニュースをまとめ。

○全国の被爆者健康手帳所持者(被爆者)に関する統計データを公表

被爆者健康手帳を持っている全国の被爆者は2014年度末で18万3519人となり、平均年齢は13年度末時点に比べ0.69歳高い80.13歳だったと明らかにした。
出典 被爆者18万人の平均年齢80歳超 手帳交付後初、厚労省調査  :日本経済新聞

厚生労働省は1日、2014年度末現在の全国の被爆者健康手帳所持者(被爆者)に関する統計データを公表した。
出典 長崎新聞ホームページ:【県内トピックス】被爆者平均年齢80歳超す (7月2日)

被爆者の平均年齢が80歳を上回ったのは、旧原爆医療法が施行されて手帳の交付が始まった1957年度以降初めて。
出典 被爆者の平均年齢は80歳超/手帳交付後初、厚労省調査 | 全国ニュース | 四国新聞社

昨年より0・69歳上がった。
出典 被爆者の平均年齢80歳を超える : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○内訳

接被爆した人が11万3685人、投下2週間以内に爆心地から2キロ内に入って被爆した人が4万2529人、胎児で被爆した人が7292人など。
出典 被爆者の平均年齢80歳を超える : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

全国の男女別人数は、男7万1978人(平均年齢81・25歳)、女11万1541人(同80・38歳)。
出典 長崎新聞ホームページ:【県内トピックス】被爆者平均年齢80歳超す (7月2日)

都道府県別では、広島8万3367人、長崎4万7868人、福岡6970人、東京6010人、大阪5932人などだった。
出典 被爆者の平均年齢80歳を超える : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

一方、福島など9県では100人を下回り、最も少ないのは秋田県の27人。平均年齢は秋田、山形、島根3県で85歳を上回った。
出典 長崎新聞ホームページ:【県内トピックス】被爆者平均年齢80歳超す (7月2日)

○被爆者の高齢化が一層進んでいる状況


出典 amanaimages.com

戦後70年を経て、被爆者の高齢化が一層進んでいる状況があらためて確認された。
出典 被爆者18万人の平均年齢80歳超 手帳交付後初、厚労省調査  :日本経済新聞

核兵器の惨禍を経験した証言者が姿を消していく現実を踏まえ、被爆体験をどう継承していくのか-。
出典 長崎新聞ホームページ:【県内トピックス】被爆者平均年齢80歳超す (7月2日)

語り部活動に取り組む被爆者でつくる長崎平和推進協会継承部会(末永浩部会長)でも模索が続く。
出典 長崎新聞ホームページ:【県内トピックス】被爆者平均年齢80歳超す (7月2日)

被爆者団体などは、医療特別手当の支給要件を定めている原爆症認定制度の抜本的見直しを求めており、厚労省の担当者は「できる限り早く原爆症の認定をするなど、取り組みを進めていきたい」としている。
出典 被爆者の平均年齢は80歳超/手帳交付後初、厚労省調査 | 全国ニュース | 四国新聞社

○被爆者健康手帳とは?

被爆者健康手帳(ひばくしゃけんこうてちょう)は、「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」(通称「被爆者援護法」)に基づき交付される手帳。
出典 被爆者健康手帳 – Wikipedia

所定の用件を満たした者は、医療費などの支援を受けることが出来る。
出典 被爆者健康手帳 – Wikipedia

手帳取得によって得られる支援

医療特別手当・特別手当・原子爆弾小頭症手当・健康管理手当・保険手当・介護手当(費用介護手当・家族介護手当)・葬祭料などの手当
出典 被爆者健康手帳 – Wikipedia

指定医療機関・一般疾病医療機関での治療について、本手帳などを提示することで全額国費で、あるいは自己負担分を負担しないで受けることが出来る。
出典 被爆者健康手帳 – Wikipedia

なんらかの理由で手帳を提示しなかった場合についても、後日都道府県知事に払い戻しを請求することが出来る。
出典 被爆者健康手帳 – Wikipedia

ただし、自己の故意・過失などによって生じた病気・けが、放射線と関連のない疾病などについては給付を受けられないことがある。
出典 被爆者健康手帳 – Wikipedia

○ネットの声

コメント

タイトルとURLをコピーしました