最低賃金、生活保護との「逆転現象」解消 労働者側「800円以下の最低賃金の解消」目指す

厚生労働省は15日、2015年度の中央最低賃金審議会目安に関する小委員会(第2回)を開催した。最低賃金で働いた場合の収入が生活保護の受給額を下回るいわゆる「逆転現象」がなくなり、全都道府県で最低賃金が生活保護を上回ったことがわかった。ニュースをまとめ。

○最低賃金、生活保護との「逆転現象」はなし


生活保護(生活扶助基準(1類費+2類費+期末一時扶助費)+住宅扶助)と最低賃金 2014年度最低賃金 改定額反映版

厚生労働省は15日、2015年度の中央最低賃金審議会目安に関する小委員会(第2回)を開催した。
出典 最低賃金、生活保護との「逆転現象」はなし–賃金上昇率は前年より低下 | マイナビニュース

最低賃金で働いた場合の収入が生活保護の受給額を下回るいわゆる「逆転現象」がなくなり、全都道府県で最低賃金が生活保護を上回ったことがわかった。
出典 最低賃金、生活保護との「逆転現象」はなし–賃金上昇率は前年より低下 | マイナビニュース

地域別の最低賃金で働いた場合の収入が、生活保護の給付水準を下回る「逆転現象」は現時点で起きていないと明らかにした。
出典 最低賃金、生活保護との「逆転現象」なし 厚労省調査 – 産経ニュース

○最低賃金は、全国平均時給780円

最低賃金は、パートなども含めた全ての働く人が受け取れる賃金の下限額。
出典 最低賃金、生活保護との「逆転現象」なし 厚労省調査 – 産経ニュース

最高は東京都の888円、最低は長崎、高知など7県の677円。
出典 最低賃金、生活保護との「逆転現象」なし 厚労省調査 – 産経ニュース

現在は時給780円(全国平均)で、都道府県単位で水準は異なる。
出典 最低賃金、生活保護との「逆転現象」なし 厚労省調査 – 産経ニュース

現在の最低賃金は、全国平均で時給780円。
出典 最低賃金、生活保護との「逆転現象」はなし–賃金上昇率は前年より低下 | マイナビニュース

○5都道県で逆転現象が起きていたが


出典 amanaimages.com

2014年は北海道や東京都など5都道県で最低賃金が生活保護を下回る逆転現象が起きていた。
出典 最低賃金、生活保護との「逆転現象」はなし–賃金上昇率は前年より低下 | マイナビニュース

2014年度の最低賃金と2013年度の生活保護のデータを比較したところ、最低賃金で1カ月働いた場合の収入が生活保護の受給額を上回る地域はなくなり、全都道府県で最低賃金が生活保護を上回った。
出典 最低賃金、生活保護との「逆転現象」はなし–賃金上昇率は前年より低下 | マイナビニュース

昨年度の改定で16円上げられ、最低賃金の給料から税金などを引いた手取り額は、全都道府県で生活保護水準を上回っていた。
出典 最低賃金、生活保護との「逆転」なし – SankeiBiz(サンケイビズ)

今回、社会保険料などの最新データを使って比べても、逆転現象はなかった。
出典 最低賃金、生活保護との「逆転」なし – SankeiBiz(サンケイビズ)

生活保護と最低賃金の差を見ると、最も大きかったのは三重県の117円、最も小さかったのは北海道の9円となった。
出典 最低賃金、生活保護との「逆転現象」はなし–賃金上昇率は前年より低下 | マイナビニュース

○時給の上昇率を調査を業種別にみる


出典 amanaimages.com

調査を業種別にみると、人手不足感の強い医療・福祉で1.0%増、宿泊・飲食サービス業が0.9%増だった。
出典 最低賃金議論、労使の隔たり大きく 厚労省が審議会  :日本経済新聞

いずれも前年の伸び率を下回った。
出典 最低賃金議論、労使の隔たり大きく 厚労省が審議会  :日本経済新聞

厚労省が審議会で示した賃金改定状況調査によると、時給の上昇率は全産業で前年比0.9%だった。1.1%増だった前年に比べ、0.2ポイント鈍化した。
出典 最低賃金議論、労使の隔たり大きく 厚労省が審議会  :日本経済新聞

経営者側は最低賃金の上げ幅も同水準を意識しているもようだ。
出典 最低賃金議論、労使の隔たり大きく 厚労省が審議会  :日本経済新聞

○最低賃金議論、労使の隔たり大きく


出典 amanaimages.com

審議会で労働者側が求めたのは「800円以下の最低賃金の解消」だ。
出典 最低賃金議論、労使の隔たり大きく 厚労省が審議会  :日本経済新聞

都道府県別で800円を超えるのは東京や大阪府など5都府県にとどまる。
出典 最低賃金議論、労使の隔たり大きく 厚労省が審議会  :日本経済新聞

物価の上昇や企業の経常利益が増えていることも大幅な賃上げを求める要因だ。
出典 最低賃金議論、労使の隔たり大きく 厚労省が審議会  :日本経済新聞

目安になる14年の引き上げ(16円)水準を挟んで労使の隔たりはなお大きい。
出典 最低賃金議論、労使の隔たり大きく 厚労省が審議会  :日本経済新聞

○ネットの声

コメント

タイトルとURLをコピーしました