「玉音放送」の原盤初めて公開…初公開にあたっては想定外の発見も

1945年に昭和天皇がラジオで終戦の詔書を読み上げた「玉音放送」について、原盤レコードの音声を初めて公開した。ニュースをまとめ。

○「玉音放送」の原盤初めて公開


原盤の「玉音放送」を初公開

戦後70年に当たり、昭和天皇が1945年8月15日正午にラジオで国民に終戦を伝えた「玉音放送」の原盤(玉音盤)と、そこからデジタル録音した音声を初めて公開した。
出典 時事ドットコム:動画特集 昭和天皇「玉音放送」70年ぶりの再現=録音原盤をデジタル化

ラジオ放送を通じて自ら終戦の混乱収拾にあたった44歳当時の昭和天皇の肉声がよみがえった。
出典 玉音放送、10秒以上短かった…原盤を初の公開 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

玉音放送は、録音原盤が反乱軍に奪取されそうになる危機を乗り越え、国民のもとに届けられた。
出典 【戦後70年・玉音放送公開】反乱軍の手逃れ70年…曲折あった原盤の命運 – 産経ニュース


昭和天皇「玉音放送」70年ぶりの再現=録音原盤をデジタル化

○録音時間が10秒ほど短い4分30秒

これまでテレビ番組などで放送された音声はいずれも複製。
出典 原盤の「玉音放送」を初公開| Reuters

放送に使われた原盤正本は戦後70年にわたり、皇居内の施設を転々としながら厳重に保管されており、初公開にあたっては想定外の発見もあった。
出典 【戦後70年・玉音放送公開】反乱軍の手逃れ70年…曲折あった原盤の命運 – 産経ニュース

原盤はテンポが速く、録音時間が10秒ほど短い4分30秒だった。
出典 原盤の「玉音放送」を初公開| Reuters

専門家に依頼して約70年ぶりに再生・録音したところ、音声が明瞭になり、約4分40秒あった従来の音源より10秒ほど短くなって、昭和天皇の声がやや高く聞こえた。
出典 時事ドットコム:動画特集 昭和天皇「玉音放送」70年ぶりの再現=録音原盤をデジタル化

○録音は2回行われた

玉音盤は終戦前日の45年8月14日深夜、宮内省内廷庁舎(現宮内庁庁舎)で録音された。
出典 終戦玉音放送の原盤、宮内庁が公開 「聖断」の場も  :日本経済新聞

御政務室に置かれたマイクの前で昭和天皇が終戦の詔書を読み上げ、隣室で日本放送協会の技術職員が録音機を操作した。
出典 終戦玉音放送の原盤、宮内庁が公開 「聖断」の場も  :日本経済新聞

録音は2度行われ、翌日の放送には2度目の方が使われた。
出典 終戦玉音放送の原盤、宮内庁が公開 「聖断」の場も  :日本経済新聞

昭和20年8月14日に録音された玉音放送の原盤は、宮内省内廷庁舎(第二期庁舎)内の金庫で保管された。
出典 【戦後70年・玉音放送公開】反乱軍の手逃れ70年…曲折あった原盤の命運 – 産経ニュース

○原盤奪おうと「宮城事件」

70年前の終戦の日、陸軍将校らがこの録音原盤を奪おうとした宮城事件も起きた。
出典 よみがえる昭和天皇の肉声、原盤奪おうと事件も : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

14日深夜から15日未明にかけ、「無条件降伏」撤回を企てた陸軍将校らが皇居に乱入、偽の師団命令で近衛師団の兵士らに原盤を捜し出すよう命じたのだ。
出典 よみがえる昭和天皇の肉声、原盤奪おうと事件も : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

15日未明、徹底抗戦を主張する反乱軍が皇居を占拠し、原盤を奪取しようとして失敗。
出典 【戦後70年・玉音放送公開】反乱軍の手逃れ70年…曲折あった原盤の命運 – 産経ニュース

予定通り、正午にラジオで放送された。
出典 【戦後70年・玉音放送公開】反乱軍の手逃れ70年…曲折あった原盤の命運 – 産経ニュース

○「御前会議」が開かれた防空壕も、50年ぶりに資料を公開

昭和天皇が終戦を決断した「御前会議」が開かれた皇居の防空壕(ごう)についても、50年ぶりに写真や図面などの資料を公開した。
出典 時事ドットコム:動画特集 昭和天皇「玉音放送」70年ぶりの再現=録音原盤をデジタル化

御文庫付属室は昭和天皇の住まいの御文庫に付属する防空施設として開戦前夜の16年9月に完成。
出典 【戦後70年・玉音放送公開】聖断の緊迫感今に 原盤初公開 70年ぶり再生、デジタル録音 御文庫付属室も(2/2ページ) – 産経ニュース

鉄筋コンクリート造りの約630平方メートルで会議室、事務室などからなる。
出典 【戦後70年・玉音放送公開】聖断の緊迫感今に 原盤初公開 70年ぶり再生、デジタル録音 御文庫付属室も(2/2ページ) – 産経ニュース

一般に防空壕(ごう)と呼ばれるが、標高36メートルの地主山(じしゅやま)の一部を崩して建造し、土が盛られており、実際は地上1階にあたる。
出典 【戦後70年・玉音放送公開】聖断の緊迫感今に 原盤初公開 70年ぶり再生、デジタル録音 御文庫付属室も(2/2ページ) – 産経ニュース

いずれも宮内庁のホームページに掲載している。
出典 時事ドットコム:動画特集 昭和天皇「玉音放送」70年ぶりの再現=録音原盤をデジタル化

○宮内庁のコメント

宮内庁は、公開の理由を「終戦関連の双璧とも言える象徴的な資料を戦後70年の機会に広く国民に知ってもらうことは非常に意義があると考えた」と説明。
出典 原盤の「玉音放送」を初公開| Reuters

宮内庁幹部は「天皇陛下も了解し、同じ気持ち」としており、戦争の記憶の風化を防ぐ取り組みになると期待している。
出典 原盤の「玉音放送」を初公開| Reuters

宮内庁は「歴史的資産として今後も原則、手を加えずに管理していく」としている。
出典 【戦後70年・玉音放送公開】聖断の緊迫感今に 原盤初公開 70年ぶり再生、デジタル録音 御文庫付属室も(2/2ページ) – 産経ニュース

終戦の日を前に、太平洋戦争の終結を象徴する資料が公開されたことで、改めて当時を振り返るきっかけとなりそうだ。
出典 時事ドットコム:動画特集 昭和天皇「玉音放送」70年ぶりの再現=録音原盤をデジタル化

宮内庁

コメント

タイトルとURLをコピーしました