南米チリM8.3の地震で津波が発生…過去日本にも津波で大きな被害が起きていた

南米のチリの沖合で日本時間の17日朝、マグニチュード8.3の大きな地震があり、チリの沿岸で高さ3メートル余りの津波が観測されました。ニュースをまとめ。

○南米チリの沿岸でマグニチュード(M)8.3の地震が発生

南米チリの沿岸で現地時間の16日午後7時54分ごろ、マグニチュード(M)8.3の地震が発生した。
出典 CNN.co.jp : チリ沖でM8.3の地震、津波への警戒呼びかけ

南米チリの中部沖で、日本時間の17日午前7時54分ごろ、マグニチュード8.3の大きな地震がありました。
出典 「南米チリの中部沖でM8.3の巨大地震」 News i – TBSの動画ニュースサイト

チリ内相によれば、一部の住宅に被害が出たとの報告があがっているという。
出典 CNN.co.jp : チリ沖でM8.3の地震、津波への警戒呼びかけ

○チリとペルーの沿岸部の広い範囲で津波の被害が出る恐れ


出典 www.gettyimages.com

太平洋津波警報センターは、チリとペルーの沿岸部の広い範囲で津波の被害が出る恐れがあるとして、警戒を呼びかけている。
出典 「南米チリの中部沖でM8.3の巨大地震」 News i – TBSの動画ニュースサイト

ハワイにある太平洋津波センターによりますと、チリの沿岸で津波が観測されたということです。
出典 チリの沿岸で津波を観測 NHKニュース

米ハワイの太平洋津波警報センターは、チリのほか、ペルー、エクアドルにも津波が到達する可能性があるとしている。
出典 チリでM8・3 全土に津波警報 — スポニチ Sponichi Annex 社会

チリの国家当局も津波警報を発令し、落ち着いて安全な場所に避難するよう呼びかけた。
出典 CNN.co.jp : チリ沖でM8.3の地震、津波への警戒呼びかけ

○日本へ津波の可能性も

太平洋津波警報センターは▽チリ沿岸には3メートル以上の津波、▽ペルーやメキシコ、エクアドル、ニュージラーンド、それにインドネシアなど太平洋の広い範囲に30センチから1メートルの津波が到達するおそれがあるとして警戒を呼びかけています。
出典 チリ沖で大地震 日本への津波影響調べる NHKニュース

気象庁によりますと地震の規模を示すマグニチュードは8.3で気象庁は、日本への津波の影響があるかどうか調べています。
出典 チリ沖で大地震 日本への津波影響調べる NHKニュース

○チリ沿岸で津波を観測

ハワイにある太平洋津波センターによりますと、チリの沿岸で高さ3メートル余りの津波が観測されました。
出典 チリ沖で大地震 沿岸で津波観測 NHKニュース

震源に近い町コキンボの沿岸で、地震発生からおよそ45分後の日本時間の17日午前8時39分に3メートル11センチの津波が観測されたほか、バルパライゾでは、その11分後に1メートル62センチの津波が観測されました。
出典 チリ沖で大地震 沿岸で津波観測 NHKニュース

○チリは地震多発国

2010年チリ地震

西部の太平洋との海岸線、東部のアンデス山脈、北部のアタカマ砂漠によって囲まれた国土は南北に細長く、北から南までの総延長は約4,630kmに及ぶ。
出典 チリ – Wikipedia

チリは地震多発国として知られ、2010年2月にはM8・8の地震が発生。
出典 チリでM8・3 全土に津波警報 — スポニチ Sponichi Annex 社会

1900年以降、チリでは1960年5月のチリ地震に次ぐ規模、世界でも発生当時では5番目の規模の地震となった。
出典 チリ地震 (2010年) – Wikipedia

津波などで500人以上が死亡した。
出典 チリでM8・3 全土に津波警報 — スポニチ Sponichi Annex 社会

○大きな被害を出したチリ地震 (1960年)

1960年のチリ地震は、同年5月、チリ中部のビオビオ州からアイセン州北部にかけての近海、長さ約1,000km・幅200kmの領域を震源域として発生した超巨大地震である。
出典 チリ地震 (1960年) – Wikipedia

まず前震がM7.5で始まりM7クラスの地震が5~6回続いた後、本震がMs8クラスで発生した。
出典 チリ地震 (1960年) – Wikipedia

また余震もM7クラスであったために首都のサンティアゴ始め、全土が壊滅状態になった。
出典 チリ地震 (1960年) – Wikipedia

地震後、日本を含めた環太平洋全域に津波が襲来し、大きな被害が発生した。
出典 チリ地震 (1960年) – Wikipedia

○過去日本にも津波で大きな被害が起きていた

チリ地震 (1960年)による日本の津波被害
宮城県塩竈市での津波被害

海岸線に沿ったペルー・チリ海溝では過去にしばしば超巨大地震(チリ地震)が発生して、太平洋対岸にあたる日本の三陸海岸等の環太平洋全域に津波で大きな被害が起きてきた歴史がある。
出典 チリ – Wikipedia

昭和35年5月24日早朝来襲したチリ津波は、北海道から沖縄までの太平洋沿岸各地に被害を与えた。
出典 報告書(1960 チリ地震津波)

これによって生じた大きな津波は平均時速750kmという高速で太平洋を横断し、22時間半後の午前3時ごろに太平洋の真向かいにある日本列島の沿岸に達しました。
出典 チリ地震大津波_昭和35年

地震発生から約22時間半後の5月24日未明に最大で6.1mの津波が三陸海岸沿岸を中心に襲来し、日本の各地に被害をもたらした。
出典 チリ地震 (1960年) – Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました