一体どういうこと?…2兆1600億円の制裁金がフォルクスワーゲンに課せられる

米環境保護局(EPA)は、排ガス規制を不正にすり抜ける車を米国で販売したとして、独フォルクスワーゲン(VW)に約48万2000台のリコールを命じたと発表した。ニュースをまとめ。

○フォルクスワーゲンにリコールを命じたと発表

フォルクスワーゲン2015年型「ゴルフ」

米環境保護局(EPA)は18日、排ガス規制を不正にすり抜ける車を米国で販売したとして、独フォルクスワーゲン(VW)に約48万2000台のリコール(回収・無償修理)を命じたと発表した。
出典 独VWに48万台リコール命令=排ガス規制を不正回避—米EPA – BIGLOBEニュース

米メディアによると、大気浄化の法令違反でVW側に最大約180億ドル(約2兆1600億円)の民事制裁金を科す可能性がある。
出典 独VWが米排ガス試験を違法クリア – SankeiBiz(サンケイビズ)

同社に大気浄化法違反の通知を送り、調査を開始した。
出典 独VWに48万台リコール命令=排ガス規制を不正回避—米EPA – BIGLOBEニュース

○違法なソフトウエアを利用


出典 www.gettyimages.com

EPAによるとVWなどは排ガスに関する試験をクリアするために、違法なソフトウエアを使っていた。
出典 独VWが米排ガス試験を違法クリア – SankeiBiz(サンケイビズ)

このソフトウエアを使うと、試験時には排ガス浄化機能がフル稼働して基準を満たす一方で、実際の運転時には機能が大きく低下。
出典 フォルクスワーゲンが排気ガス試験で違反 制裁金を科される可能性 – ライブドアニュース

窒素酸化物(NOx)の排出量が基準値と比べ40倍に達する可能性があるという。
出典 独VWが米排ガス試験を違法クリア – SankeiBiz(サンケイビズ)

○約48万2000台のリコールの見通し

「ビートル」

リコール対象となるのは、4気筒ディーゼルエンジンを搭載した2009〜15年型の「ビートル」や「ゴルフ」など5車種。
出典 独VWに48万台リコール命令=排ガス規制を不正回避—米EPA – BIGLOBEニュース

米新車市場は好調だが、VWは1~8月期の販売台数が2.8%減と低迷している。
出典 独VW、米で大気浄化法違反の疑い 48万台対象  :日本経済新聞

VWなどはリコール(回収・無償修理)に追い込まれる見通しだ。
出典 独VW、米で大気浄化法違反の疑い 48万台対象  :日本経済新聞

韓国・現代自動車も12年末に発覚した燃費水増し問題を機に米販売が失速した経緯がある。
出典 独VW、米で大気浄化法違反の疑い 48万台対象  :日本経済新聞

VWは調査に協力中とした上で、「対象車の所有者は現時点で何か行動する必要はない」と述べた。
出典 独VWに48万台リコール命令=排ガス規制を不正回避—米EPA – BIGLOBEニュース

○180億ドル(2兆1600億円)の制裁金が課せられる可能性


出典 amanaimages.com

EPAは、米国の大気浄化法への違反に対して司法省による刑事訴追につながり得ると説明。
出典 独VW、米排気ガス検査での不正認める-制裁金は2.1兆円超か – Bloomberg

EPAは調査を続けており「国民の健康に対する脅威だ」とVW側の行為を批判した。
出典 独VW、違法に排ガス規制クリア 制裁金最大2兆円超も  :日本経済新聞

米メディアによると大気浄化法違反で1台あたり最大3万7500ドルの制裁金が科される可能性がある。
出典 独VW、米で大気浄化法違反の疑い 48万台対象  :日本経済新聞

単純計算で最大で180億ドル(2兆1600億円)となる。
出典 独VW、米で大気浄化法違反の疑い 48万台対象  :日本経済新聞

○制裁金の元となるアメリカの大気浄化法


出典 amanaimages.com

大気浄化法は、アメリカ合衆国で1963年12月に制定された大気汚染防止のための法律。
出典 大気浄化法 – Wikipedia

1963年に制定、1970年に全面改正。その後、1977年および1990年に大きな改正が行われている。
出典 EICネット[環境用語集:「大気浄化法【米国】」]

酸性雨対策や、オゾン層の保護が目的であり、自動車の排出ガスの削減や、二酸化硫黄排出量の削減、フロン、四塩化炭素の全廃が主な内容となっている。
出典 大気浄化法 – Wikipedia

○大気浄化法に基づく制裁

ヒュンダイ・サンタフェ

2012年、韓国の現代自動車と傘下の起亜自動車が、アメリカ国内で販売したヒュンダイ・サンタフェなどで燃費の偽装(過大)表示を行っていたことが発覚。
出典 大気浄化法 – Wikipedia

2014年11月3日、アメリカ司法省と環境保護局は、両自動車会社が大気浄化法違反の制裁金として過去最高額となる1億ドルを支払うことで和解したと発表した。
出典 大気浄化法 – Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました