「けんかをしよう」決闘容疑で少年22人書類送検…「決闘罪」とは?

「けんかをしよう」と申し合わせて集合し、素手で殴り合ったとして、決闘などの容疑で、中3年の男子生徒ら14〜19歳の少年22人を書類送検した。ニュースをまとめ。

○決闘容疑など 少年22人を書類送検


出典 www.gettyimages.com

「けんかをしよう」と申し合わせて集合し、素手で殴り合ったとして、岐阜県警少年課と可児署は8日、決闘などの容疑で、同県可児市立中3年の男子生徒ら14〜19歳の少年22人を書類送検した。
出典 決闘容疑で中学生ら書類送検=「凶器使わず」ルール決め—岐阜県警 – WSJ

少年らは「武器は使わない」などのルールを決め、可児市の広場で素手でけんか。
出典 決闘容疑で少年22人書類送検 岐阜県警:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

「蹴りはなし」「髪の毛はつかまない」「凶器は使わない」と事前にルールを決め、守っていたという。
出典 「蹴りなし」「髪の毛つかまない」…ルール守る 決闘容疑で少年22人書類送検 – 産経ニュース

○決闘前にルール決める


出典 www.gettyimages.com

発表によると、中学生や派遣社員などの少年らは8月17日午後2時頃、同市の広場に集まり、双方入り乱れて素手で殴り合って決闘するなどした疑い。
出典 決闘容疑など 少年22人を書類送検 岐阜県警 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

互いに仲間を集め、当日に現場で「武器は使わない」「髪の毛はつかまない」「蹴りはしない」などと申し合わせた上で決闘した。
出典 決闘容疑で少年22人書類送検 岐阜県警:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

約10分間にわたって素手で殴り合ったとしている。
出典 「蹴りなし」「髪の毛つかまない」…ルール守る 決闘容疑で少年22人書類送検 – 産経ニュース

4人が骨折をするなどのけがをしたが、申告はなかった。
出典 決闘容疑で少年22人書類送検 岐阜県警:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

○「外国人のくせに生意気だ」と因縁


出典 www.gettyimages.com

県警によると、決闘したのは可児市内の中学生を中心とするグループと、外国籍の少年らのグループ。
出典 「蹴りなし」「髪の毛つかまない」…ルール守る 決闘容疑で少年22人書類送検 – 産経ニュース

8月上旬、男子中学生の1人が、外国籍のグループの少年に「外国人のくせに生意気だ」と、決闘を申し込んだことがきっかけとなった。
出典 「蹴りなし」「髪の毛つかまない」…ルール守る 決闘容疑で少年22人書類送検 – 産経ニュース

○「LINE(ライン)」で事前に打ち合わせ

その後、細かい日時などをスマートフォンの無料通信アプリ「LINE(ライン)」で打ち合わせ。
出典 決闘容疑で少年22人書類送検 岐阜県警:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

2人は無料通信アプリLINE(ライン)で詳細を決め、仲間を集めたという。
出典 「蹴りなし」「髪の毛つかまない」…ルール守る 決闘容疑で少年22人書類送検 – 産経ニュース

○少年らは容疑を認めている


出典 amanaimages.com

参加した1人が怖くなって110番通報し、可児署員が駆けつけて少年らに事情聴取した。
出典 決闘容疑で少年22人書類送検 岐阜県警:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

県警の調べでは、決闘を申し込んだのは12人のグループの男子生徒(14)で「力比べがしたかった」と話しているという。
出典 決闘容疑で少年22人書類送検 岐阜県警:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

決闘に参加した少年の一部は腕を骨折するなどのけがを負った。
出典 決闘容疑など 少年22人を書類送検 岐阜県警 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

調べに対し、少年らは容疑を認めている。
出典 決闘容疑など 少年22人を書類送検 岐阜県警 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○決闘罪とは?


出典 amanaimages.com

決闘罪に関する件(明治22年12月30日法律第34号)は、決闘および決闘への関与を禁止する日本の法律である。
出典 決闘罪ニ関スル件 – Wikipedia

決闘を行ったり、これに関与したりすることで成立する罪。
出典 決闘罪(ケットウザイ)とは – コトバンク

明治22年(1889)の「決闘罪ニ関スル件」という法律により罰せられる。
出典 決闘罪(ケットウザイ)とは – コトバンク

○決闘罪は、決闘に関わった者に適用される


出典 www.gettyimages.com

この法律には、決闘罪のほか、決闘挑応罪(決闘を挑む罪・それに応じる罪)、決闘立会罪、決闘場所提供罪などが定められています。
出典 法制執務コラム集「決闘罪の話」

決闘罪は全6条からなり、決闘を申し込んだ人、申し込まれた人、決闘立会人、証人、付添人、決闘場所提供者など決闘に関わった者に適用される。
出典 決闘罪ニ関スル件 – Wikipedia

刑法の条文上は、「決闘」の定義について定められていませんが、判例では、「当事者間の合意により相互に身体又は生命を害すべき暴行をもって争闘する行為」とされています。
出典 「過去の遺物」と言われた「決闘罪」…一体どんな内容なのか | シェアしたくなる法律相談所

○どれくらい刑罰が課せられるの?


出典 amanaimages.com

決闘を挑んだ者・応じた者(1条) – 6ヶ月以上2年以下の有期懲役
出典 決闘罪ニ関スル件 – Wikipedia

決闘を行った者(2条) – 2年以上5年以下の有期懲役
出典 決闘罪ニ関スル件 – Wikipedia

決闘立会人・決闘の立会いを約束した者(4条1項) – 1ヶ月以上1年以下の有期懲役
出典 決闘罪ニ関スル件 – Wikipedia

事情を知って決闘場所を貸与・提供した者(4条2項) – 1ヶ月以上1年以下の有期懲役
出典 決闘罪ニ関スル件 – Wikipedia

○決闘罪が作られた背景

犬養 毅

明治21年、当時新聞記者であった犬養毅氏に対し決闘が申し込まれ、犬養氏が拒絶するという事件が報道され話題となり、それ以降、決闘申込事件が続出しました。
出典 「過去の遺物」と言われた「決闘罪」…一体どんな内容なのか | シェアしたくなる法律相談所

このような背景により、明治22年、特別法として「決闘罪ニ関スル件」が制定されたといわれています。
出典 「過去の遺物」と言われた「決闘罪」…一体どんな内容なのか | シェアしたくなる法律相談所

○平成初期まで「過去の遺物」となっていた


出典 amanaimages.com

明治時代の制定以来、実務上はほとんど適用の機会がなく、昭和後期・平成初期までこの法律は「過去の遺物」となっていた
出典 決闘罪ニ関スル件 – Wikipedia

少年や少女による果たし合い、いわゆる「タイマン」が本法の決闘に該当するとの判断がなされて以降は事態が急変した。
出典 決闘罪ニ関スル件 – Wikipedia

明治22年に「決闘罪ニ関スル件」が制定されてから現在までの間、「決闘罪ニ関スル件」という法律が存続し廃止されていないのは、上記のような適用事例が少ないながらあるからなのでしょう。
出典 法制執務コラム集「決闘罪の話」

平成17年の検察の統計では、34名がこの罪名で受理されています。
出典 法制執務コラム集「決闘罪の話」

コメント

タイトルとURLをコピーしました