193校で石綿含む断熱材劣化…「煙突を壊さない限り大丈夫」と認識の甘さも

アスベスト(石綿)を飛散させる可能性のある煙突が、全国の200近くの小中高校などに存在することが16日、文部科学省の調査で明らかになった。ニュースをまとめ。

○文部科学省が全国の石綿実態調査

アスベスト(石綿)を飛散させる可能性のある煙突が、全国の200近くの小中高校などに存在することが16日、文部科学省の調査で明らかになった。
出典 学校対策進まない自治体 「壊さなければ大丈夫」との声も 煙突のアスベスト飛散(1/2ページ) – 産経ニュース

2014年の石綿障害予防規則の改正で断熱材が新たに規制対象となり、初めて調べた。
出典 193校で石綿含む断熱材劣化、吸い込むおそれ : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

同省は健康被害の恐れは少ないとしているが、学校などに対し専門業者と相談し速やかに対応するよう求めている。
出典 石綿含む煙突の断熱材、学校など380機関で劣化 文科省調査  :日本経済新聞

文科省は「直ちに健康被害が生じる危険性は低いが、早急に飛散防止の処置をしてほしい」としている。
出典 193校で石綿含む断熱材劣化、吸い込むおそれ : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○石綿を使った煙突があるのは2450校


出典 amanaimages.com

調査は国公私立の大学や小中高校、公民館、体育館、文化施設などを運営する計13万3516機関を対象に実施。
出典 石綿含む煙突の断熱材、学校など380機関で劣化 文科省調査  :日本経済新聞

ストーブや暖房用ボイラーの煙突などについて、今年9月8日時点の石綿使用状況を調べた。
出典 石綿含む煙突の断熱材、学校など380機関で劣化 文科省調査  :日本経済新聞

それによると、石綿を含む断熱材を使った煙突があるのは2450校。
出典 193校で石綿含む断熱材劣化、吸い込むおそれ : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○193校で石綿含む断熱材劣化

このうち、損傷や劣化が確認されたのは公立152校、私立41校。
出典 193校で石綿含む断熱材劣化、吸い込むおそれ : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

都道府県別で多かったのは、青森県(27校)や島根県(23校)、群馬県(19校)、熊本県(17校)など。
出典 全国210校で石綿吸引の恐れ 煙突使用の石綿、文科省が5万校調査 – 産経WEST

一方、東京都(8校)や大阪府(1校)など都市部では比較的少なかった。
出典 全国210校で石綿吸引の恐れ 煙突使用の石綿、文科省が5万校調査 – 産経WEST

○高額の改修費が課題


出典 amanaimages.com

国の調査で事業所の煙突から石綿が飛散した事例が報告され、厚生労働省が煙突の危険性を指摘したのは平成24年だった。
出典 学校対策進まない自治体 「壊さなければ大丈夫」との声も 煙突のアスベスト飛散(1/2ページ) – 産経ニュース

煙突用断熱材をめぐっては、解体しない限り石綿は飛散しないとして長く安全対策の対象から外れていた。
出典 学校対策進まない自治体 「壊さなければ大丈夫」との声も 煙突のアスベスト飛散(1/2ページ) – 産経ニュース

文科省によると、改修には煙突1本で1千万円かかる場合もある。
出典 学校対策進まない自治体 「壊さなければ大丈夫」との声も 煙突のアスベスト飛散(1/2ページ) – 産経ニュース

また、施設を一部崩す必要がある場合には、さらに費用がかさむ恐れがある。
出典 学校対策進まない自治体 「壊さなければ大丈夫」との声も 煙突のアスベスト飛散(1/2ページ) – 産経ニュース

○「煙突を壊さない限り大丈夫」との声も


出典 amanaimages.com

問題のある煙突が最も多く残っている島根県のある自治体は「対策方法が分からないので、国には技術的な指示をしてほしい」と要望。
出典 学校対策進まない自治体 「壊さなければ大丈夫」との声も 煙突のアスベスト飛散(2/2ページ) – 産経ニュース

群馬県のある自治体では「次回の大規模修繕のときに、一緒に撤去するなどの対応を取る」とする一方で、「煙突を壊さない限り大丈夫」とし、認識の甘さが浮かび上がっている。
出典 学校対策進まない自治体 「壊さなければ大丈夫」との声も 煙突のアスベスト飛散(2/2ページ) – 産経ニュース

文科省幹部は「いろいろな事情があるのは理解できるが、児童や生徒の健康がかかっているという意識に欠けているのではないか」と話している。
出典 学校対策進まない自治体 「壊さなければ大丈夫」との声も 煙突のアスベスト飛散(2/2ページ) – 産経ニュース

○2468校が現在調査中


出典 amanaimages.com

ストーブの排気用として建物と一体化した煙突が設置されている学校も多く、1960年代~90年代に建てられた施設には、煙突の内側に石綿を含む断熱材が巻かれているケースが少なくないという。
出典 煙突にアスベスト使用 吸い込み被害の恐れ31都道府県193校 全国の公私立学校(2/2ページ) – 産経ニュース

公立と私立計2468校が調査中としており、文科省は回答を急ぐよう求めている。
出典 193校で石綿含む断熱材劣化、吸い込むおそれ : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○石綿(アスベスト)とは?

石綿

石綿(アスベスト)は、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれています。
出典 アスベスト(石綿)に関するQ&A |厚生労働省

石綿の繊維1本は直径0.02-0.35 μm(髪の毛の5,000分の1)程度である。
出典 石綿 – Wikipedia

建設資材、電気製品、自動車、家庭用品等、様々な用途に広く使用されてきた。
出典 石綿 – Wikipedia

しかし、空中に飛散した石綿繊維を長期間大量に吸入すると肺癌や中皮腫の誘因となることが指摘されるようになり「静かな時限爆弾」と呼ばれるようになった。
出典 石綿 – Wikipedia

○なぜ危険なの?

拡大した石綿

石綿の繊維は、肺線維症(じん肺)、悪性中皮腫の原因になるといわれ、肺がんを起こす可能性があることが知られています。
出典 アスベスト(石綿)に関するQ&A |厚生労働省

石綿による健康被害は、石綿を扱ってから長い年月を経て出てきます。
出典 アスベスト(石綿)に関するQ&A |厚生労働省

例えば、中皮腫は平均35年前後という長い潜伏期間の後発病することが多いとされてい ます。
出典 アスベスト(石綿)に関するQ&A |厚生労働省

学校施設等における石綿含有保温材等の使用状況調査(特定調査)の結果について(通知):文部科学省

コメント

タイトルとURLをコピーしました