ソーセージなど「加工肉に発がん性」…WHOが異例の警告

世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関は26日、ハムやソーセージなどの加工肉を食べると、がん発症リスクが高まるという「十分な証拠」があると発表した。ニュースをまとめ。

○ソーセージやベーコンは大腸ガンになるリスク

世界保健機関(WHO)

世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関は26日、ハムやソーセージなどの加工肉を食べると、がん発症リスクが高まるという「十分な証拠」があると発表した。
出典 加工肉摂取に「がんリスク」=毎日50グラムで18%増—WHO (時事通信) – Yahoo!ニュース

加工肉の摂取量が多いほどがんを患う危険性が高いとしており、過剰な食肉摂取のリスクに異例の警告を発した。
出典 加工肉「発がん性ある」 WHO、過剰摂取に警告  :日本経済新聞

赤身肉についても発がん性の恐れがあると指摘した。
出典 ソーセージやベーコンは大腸ガンになるリスク WHO調査結果発表 – 産経ニュース

○喫煙やアスベストなどと同じレベル


出典 amanaimages.com

IARCによる発がん性の評価は5段階で、加工肉は喫煙やアスベストなどと同じく最も高いレベル。
出典 加工肉に発がん性“50gで18%確率増”| ytv 読売テレビ ニュース&ウェザー

分類はたばこやアスベストと同じ扱いだが、「発がんの危険性が同じとは限らない」とも指摘している。
出典 加工肉「発がん性ある」 WHO、過剰摂取に警告  :日本経済新聞

○毎日50グラムで、大腸がんのリスクが18%増加


出典 amanaimages.com

毎日50グラムの加工肉を消費すれば、大腸がんのリスクが18%増加すると結論付けた。
出典 加工肉に発がん性“50gで18%確率増”| ytv 読売テレビ ニュース&ウェザー

約800の研究論文を踏まえたもので、加工肉の分類は「十分な証拠を基にしたものだ」と強調している。
出典 加工肉「発がん性ある」 WHO、過剰摂取に警告  :日本経済新聞

個人にとってのリスクは「小さい」ものの、摂取量が増えれば高まると指摘した。
出典 加工肉摂取に「がんリスク」=毎日50グラムで18%増—WHO (時事通信) – Yahoo!ニュース

○このニュースについてネットでも話題になっている


出典 amanaimages.com

○「加工肉」の定義


出典 amanaimages.com

IARCでは「加工肉」は塩分を加えたり、薫製にしたりした食肉を指す。
出典 加工肉「発がん性ある」 WHO、過剰摂取に警告  :日本経済新聞

ハムなどのほかにコンビーフやビーフジャーキーも含む。
出典 加工肉「発がん性ある」 WHO、過剰摂取に警告  :日本経済新聞

欧米メディアによると、発がん性につながる物質が加工段階で生成されるという。
出典 ソーセージやベーコンは大腸ガンになるリスク WHO調査結果発表 – 産経ニュース

○赤身の肉も危険


出典 amanaimages.com

また、牛や豚など赤身の肉にもがんを誘発する恐れがあると言及した。
出典 加工肉摂取に「がんリスク」=毎日50グラムで18%増—WHO (時事通信) – Yahoo!ニュース

哺乳類の肉と定義する「赤肉」については「限られた証拠から」結論を得た。
出典 加工肉「発がん性ある」 WHO、過剰摂取に警告  :日本経済新聞

主に大腸がんが多いが、膵臓(すいぞう)がんや前立腺がんとの関係性も確認した。
出典 加工肉「発がん性ある」 WHO、過剰摂取に警告  :日本経済新聞

○バランスをとった食生活を推奨


出典 amanaimages.com

IARCの専門家は声明で「消費量によってがんが発生するリスクが高まる」と指摘、消費者に食べ過ぎないよう警告した。
出典 ソーセージやベーコンは大腸ガンになるリスク WHO調査結果発表 – 産経ニュース

欧米に比べると日本人の肉類の消費量は少なく、「日本人の一般的な消費レベルなら大腸がんリスクにはならない」との研究結果もある。
出典 ソーセージなど「加工肉に発がん性」WHO専門機関が調査結果発表 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

一方で、肉類は栄養価が高いとしていて、各地の保健当局に対して、危険性も考慮したバランスの取れた食生活を提案するよう求めている。
出典 加工肉に発がん性“50gで18%確率増”| ytv 読売テレビ ニュース&ウェザー

コメント

タイトルとURLをコピーしました