体操日本男子、37年ぶり悲願達成…世界選手権団体金メダル!

体操の世界選手権は28日、英国のグラスゴーで男子団体総合決勝が行われ、日本が合計270.818点で優勝した。世界選手権での優勝は1978年ストラスブール(フランス)大会以来37年ぶり。ニュースをまとめ。

○日本男子、37年ぶり団体金メダル!

体操の世界選手権は28日、英国のグラスゴーで男子団体総合決勝が行われ、日本が合計270.818点で優勝した。
出典 日本男子、37年ぶり金=アテネ五輪以来の団体制覇—世界体操 – BIGLOBEニュース

日本男子の団体世界一は2004年アテネ五輪以来で、世界選手権での優勝は1978年ストラスブール(フランス)大会以来37年ぶり。
出典 体操男子、37年ぶり団体優勝 世界選手権  :日本経済新聞

日本は6種目の合計を270.818として、2位のイギリスを0.4余り上回って、37年ぶりに金メダルを獲得しました。
出典 体操世界選手権 男子団体 日本37年ぶり金 NHKニュース

2位には地元・英国が入り、世界選手権初のメダルを獲得。中国は3位だった。
出典 体操ニッポン復活!日本男子、団体総合で37年ぶり金メダル! (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

○悲願だった団体金メダル

日本は1種目めの床運動から1度もトップを譲らなかった。
出典 体操男子、37年ぶり団体優勝 世界選手権  :日本経済新聞

日本は内村航平(コナミスポーツク)、田中佑典(同)、加藤凌平(順大)、早坂尚人(同)、萱和磨(同)、白井健三(日体大)のメンバーで出場した。
出典 【世界体操】日本男子、37年ぶり団体金メダル! – 産経ニュース

全6種目を演技してチームをけん引したエースの内村航平(コナミスポーツク)は、悲願だった団体金メダルを初めて手にした。
出典 体操男子、37年ぶり団体優勝 世界選手権  :日本経済新聞

○このニュースについてネットでも歓喜の声

○1種目めの床運動からトップ


出典 www.gettyimages.com

日本は最初の種目の床運動でエースの内村航平(26=コナミスポーツクラブ)が15・800点、“ひねり王子”白井健三(19=日体大)が16・325点と高得点をマークする好スタート
出典 体操ニッポン復活!日本男子、団体総合で37年ぶり金メダル! (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

続くあん馬では、中国にミスが相次いだのに対し、白井選手と同学年の初代表、18歳の萱和磨選手が、最高難度の「ブスナリ」を決めて15.400をマークし、前半で大きくリードしました。
出典 体操世界選手権 男子団体 日本37年ぶり金 NHKニュース

2種目を終えて同班のライバル中国を大きくリード。
出典 体操ニッポン復活!日本男子、団体総合で37年ぶり金メダル! — スポニチ Sponichi Annex 体操

日本はエースの内村航平(コナミスポーツク)や白井健三(日体大)らの好演技で中盤までにリードを築いた。
出典 体操日本男子、37年ぶり団体V 世界選手権、リオへ弾み:スポーツ:中日新聞(CHUNICHI Web)

○地元英国や7連覇を狙った中国を振り切った

平行棒の演技を終え、ガッツポーズ

つり輪でやや差を詰められたものの、跳馬でも内村、白井が高得点を出し、4種目を終えて2位の米国と0・1点差ながらトップをキープ。
出典 体操ニッポン復活!日本男子、団体総合で37年ぶり金メダル! (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

後半の跳馬も全員が高難度の技を大きなミスなくまとめ、続く平行棒では、田中佑典選手が落下しましたが、内村選手が15.866の高得点でカバーし、最後の鉄棒を迎えました。
出典 体操世界選手権 男子団体 日本37年ぶり金 NHKニュース

最終種目の鉄棒で内村が落下するまさかのミスも出たが、何とか地元英国や7連覇を狙った中国を振り切った。
出典 東京新聞:体操日本男子、37年ぶり団体V 世界選手権、リオへ弾み:スポーツ(TOKYO Web)

○11年ぶりに王座を奪還

2004年アテネ五輪で表彰式

日本は2004年アテネ五輪で団体総合金メダルに輝いた。
出典 日本男子、37年ぶり金=アテネ五輪以来の団体制覇—世界体操 – BIGLOBEニュース

その後は、中国に世界選手権、五輪の連覇を許したが、11年ぶりに王座を奪還した。
出典 日本男子、37年ぶり金=アテネ五輪以来の団体制覇—世界体操 – BIGLOBEニュース

昨年、中国・南寧で行われた世界選手権でも中国に0・100点差で敗れるなど世界大会は6連続で銀メダルが続いていたが、ついに悲願を達成した。
出典 【世界体操】日本男子、37年ぶり団体金メダル! – 産経ニュース

○内村航平「ようやく金メダル」

内村選手は、「ようやく金メダルを取ることができたが、まだ実感がありません」と率直な感想を話しました。
出典 体操世界選手権 男子団体 日本37年ぶり金 NHKニュース

「正直に言うと、最後にミスをしてしまい、勝てなくてもしかたないという気持ちもありました。金メダルは取れたが、課題も見つかったので、来年のリオデジャネイロオリンピックに向けて内容をもっと詰めて、頑張っていきたい」と気持ちを引き締めていました。
出典 体操世界選手権 男子団体 日本37年ぶり金 NHKニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました