今年は10年に一度の観察当たり年…「ふたご座流星群」を絶対に見逃すな!

2015年最後となる流星群「ふたご座流星群」が、12月14日夜から15日早朝にかけて観測のピークを迎える。ニュースをまとめ。

○「ふたご座流星群」が観測のピークを迎える

「ふたご座流星群」

2015年最後となる流星群「ふたご座流星群」が、12月14日夜から15日早朝にかけて観測のピークを迎える。
出典 ふたご座流星群、気になる12/14夜の天気…晴天なら「最高の観測条件」 | リセマム

14日夜は全国の広い範囲で雲が多くなるものの、雲の切れ間から観測できる地域が多くなる見込みで、晴天エリアでは前後10年ほどで最高の観測条件になるという。
出典 ふたご座流星群、気になる12/14夜の天気…晴天なら「最高の観測条件」 | リセマム

ここ数年で、一番たくさんの流れ星が見やすい数日間になるかもしれません。
出典 15日にかけて出現ピーク  今年の「ふたご座流星群」がイチオシな理由 | THE PAGE(ザ・ページ)

○ふたご座流星群とは?

3大流星群に数えられる

ふたご座流星群は、8月のペルセウス座流星群、1月のしぶんぎ座流星群とともに、“3大流星群 ” に数えられ、活発な活動が見られる流星群です。
出典 12月14日(月)の夜 最良の条件でふたご座流星群が見られる! おすすめ書籍と流星群生放送のご案内 – 産経ニュース

毎年安定して多くの流星が出現し、一晩中流星が出現するため、特に観測しやすいと言われている。
出典 ふたご座流星群、気になる12/14夜の天気…晴天なら「最高の観測条件」 | リセマム

特に2015年は、出現ピークが深夜となり月明かりの影響もないため、天気が良ければ前後10年ほどの間で最高の観測条件となる見込みだ。
出典 ふたご座流星群、気になる12/14夜の天気…晴天なら「最高の観測条件」 | リセマム

○みんなもふたご座流星群を楽しみにしていた


出典 amanaimages.com

○気になる全国の天気は…

14日夜から15日早朝にかけては、弱い低気圧や湿った空気の影響で全国の広い範囲で雲が広がりやすくなるが、月明かりの影響がないため雲の切れ間を狙えば十分に観測を楽しめるとのこと。
出典 ふたご座流星群、気になる12/14夜の天気…晴天なら「最高の観測条件」 | リセマム

高気圧に近い北海道の日本海側では良く晴れ、観測に絶好の夜空となる見込みだ。
出典 ふたご座流星群、気になる12/14夜の天気…晴天なら「最高の観測条件」 | リセマム

○いつごろ観測できるの?

15日(火)の午前3時ころが一番活発になる
出典 amanaimages.com

ふたご座流星群を見られるのは14日(月)の日没後から、15日(火)の明け方が適しています。
出典 12月14日(月)の夜 最良の条件でふたご座流星群が見られる! おすすめ書籍と流星群生放送のご案内 – 産経ニュース

特に、もっとも流星群の活動が活発になるのは、15日(火)の午前3時ころ。
出典 12月14日(月)の夜 最良の条件でふたご座流星群が見られる! おすすめ書籍と流星群生放送のご案内 – 産経ニュース

また、数日前から流星の出現数は徐々に増えていくので、12日(土)の週末あたりから観測する価値はあるでしょう。
出典 15日にかけて出現ピーク  今年の「ふたご座流星群」がイチオシな理由 | THE PAGE(ザ・ページ)

○今年は10年に一度の観察当たり年

月明かりに邪魔されない
出典 amanaimages.com

今年は、前後10年で最も観察条件がよいとされています。
出典 「ふたご座流星群」今週末に極大、今年は10年に1度の当たり年 もっともよく見えるのはいつ? | tenki.jp

流星群は、月明かりがあると、その明るさで流れ星がかき消されてしまい、たとえ活発に流れ星が流れていても、見ることができません。
出典 12月14日(月)の夜 最良の条件でふたご座流星群が見られる! おすすめ書籍と流星群生放送のご案内 – 産経ニュース

しかし、今年は12月11日が新月にあたり、流星群の活動がピークとなる14日夜も、ほぼ一晩中、月が昇らないため、月明かりに邪魔されず、最良の条件で流星群の活動を見ることができます。
出典 12月14日(月)の夜 最良の条件でふたご座流星群が見られる! おすすめ書籍と流星群生放送のご案内 – 産経ニュース

○条件の良いところでは1時間あたり50個以上観測できるかも

空の条件の良いところでは1時間あたり50個以上、空が明るいところや視界が開けていないところで実際に見えるのは20~30個ほどと予想される。
出典 2015年12月15日 ふたご座流星群が極大 – アストロアーツ

極大の15日に見損ねたとしても、翌日12月16日頃に見られる確率はあるのですが、極大後は急激に出現数が減っていくので、ご注意ください。
出典 「ふたご座流星群」今週末に極大、今年は10年に1度の当たり年 もっともよく見えるのはいつ? | tenki.jp

○どこでどう見るのがよい?


出典 amanaimages.com

できれば、街灯やネオンなどに邪魔されないところ。大きな都市からはなるべく離れて観察するのがコツです。
出典 「ふたご座流星群」今週末に極大、今年は10年に1度の当たり年 もっともよく見えるのはいつ? | tenki.jp

たとえば、海や高原など広く空が見渡せるところ、なるべく周りに遮るものがないひらけた場所を選ぶとよいようです。
出典 「ふたご座流星群」今週末に極大、今年は10年に1度の当たり年 もっともよく見えるのはいつ? | tenki.jp

この時期にしては気温は高めの予想だが、夜は冷え込むため防寒対策は万全にしたい。
出典 ふたご座流星群、気になる12/14夜の天気…晴天なら「最高の観測条件」 | リセマム

14日夜はあたたかい服装で、またあたたかい部屋の中で、2015年最後の流星天体ショーを楽しんでみてはいかがだろうか。
出典 ふたご座流星群、気になる12/14夜の天気…晴天なら「最高の観測条件」 | リセマム

コメント

タイトルとURLをコピーしました