ビル6メートル揺れ、人は吹っ飛ぶ…南海トラフ巨大地震が発生の予測が怖い

内閣府の専門家検討会は17日、南海トラフ巨大地震が発生した場合、東京、大阪、名古屋の3大都市圏の超高層ビルが、最大6メートル揺れる可能性があるなどとする予測を初めて公表した。ニュースをまとめ。

○南海トラフ巨大地震が発生した場合の予測を初めて公表

内閣府の専門家検討会は17日、南海トラフ巨大地震が発生した場合、東京、大阪、名古屋の3大都市圏の超高層ビルが、最大6メートル揺れる可能性があるなどとする予測を初めて公表した。
出典 南海トラフ、超高層揺れ最大6m…長周期地震動 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

超高層の建物は全国でおよそ2500棟に上り、今後、どのように対策を進めていくかが課題となります。
出典 長周期地震動 超高層の建物 対策が課題に NHKニュース

検討会は「ビルの揺れは東日本大震災時を上回るだろう」として、ビルの安全対策の徹底を求めた。
出典 南海トラフ、超高層揺れ最大6m…長周期地震動 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○南海トラフ巨大地震とは?

南海・東南海・東海地震の震源域
駿河湾から紀伊半島沖を中心に大津波が発生した場合、関東以西の30都府県で最悪32万3000人の死者が出る可能性がある

南海トラフ巨大地震は、フィリピン海プレートとアムールプレートとのプレート境界の沈み込み帯である南海トラフ沿いで発生する巨大地震のことである。
出典 南海トラフ巨大地震 – Wikipedia

次に発生する可能性のある地震として、従来よりも幅広くM8 – 9クラスの地震を対象としている。
出典 南海トラフ巨大地震 – Wikipedia

○マグニチュード9級の地震が起きたと想定


出典 amanaimages.com

今回の推計は九州から関東地方に広がる南海トラフで「30年以内に70%の確率で起きる」と予測されているM8~9級の巨大地震での長周期地震動の被害を想定した。
出典 相模トラフ巨大地震 東京超高層ビルが危ない 南海トラフでは大阪で6Mの揺れ推計 – 政治・社会 – ZAKZAK

南海トラフの広い範囲で断層がずれ、マグニチュード9級の地震が起きたと想定した。
出典 南海トラフ、超高層揺れ最大6m…長周期地震動 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

主に高さ100メートル以上の超高層ビルを対象に長周期地震動という特殊な揺れの影響を推計した。
出典 南海トラフ、超高層揺れ最大6m…長周期地震動 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○東京23区ではビルの最上階が最大2~3メートル揺れる

揺れは大阪などの三大都市圏で顕著で、超高層ビルの最上階では最大で毎秒2・5メートル、幅は片側で3メートルに達すると推計。
出典 【南海トラフ】最大は大阪府咲洲庁舎6m揺れ、人は立てず家具が猛スピードで飛ぶ恐れ(1/2ページ) – 産経WEST

東京23区では、高さ200~300メートルのビルの最上階が最大2~3メートル揺れる。
出典 南海トラフ、超高層揺れ最大6m…長周期地震動 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

大阪市住之江区では最大6メートル。
出典 南海トラフ、超高層揺れ最大6m…長周期地震動 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○現存する建物で最大の揺れは大阪府咲洲庁舎

大阪府咲洲庁舎

現存する建物で最大の揺れは同市住之江区の大阪府咲洲(さきしま)庁舎(高さ256メートル)で、最上階で毎秒約2メートル、全幅約6メートル。
出典 【南海トラフ】最大は大阪府咲洲庁舎6m揺れ、人は立てず家具が猛スピードで飛ぶ恐れ(1/2ページ) – 産経WEST

高層ビルが倒壊する揺れは模擬実験で毎秒4・2メートルとされており、倒壊することはないが、人は立っていられないほどの揺れになるとした。
出典 【南海トラフ】最大は大阪府咲洲庁舎6m揺れ、人は立てず家具が猛スピードで飛ぶ恐れ(1/2ページ) – 産経WEST

揺れの継続時間は、東京23区は3~5分程度だが、大阪市や神戸市では約7分以上の場所もある。
出典 南海トラフ、超高層揺れ最大6m…長周期地震動 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○ビルからの転落者も予想され、多数の死傷者が出る恐れ


出典 amanaimages.com

オフィスビルではプリンターなどの機器やロッカーが飛び回り、圧死者が出ることが考えられる。
出典 相模トラフ巨大地震 東京超高層ビルが危ない 南海トラフでは大阪で6Mの揺れ推計 – 政治・社会 – ZAKZAK

家具などがガラスを突き破って転落し、地上の歩行者にも被害が出る。
出典 相模トラフ巨大地震 東京超高層ビルが危ない 南海トラフでは大阪で6Mの揺れ推計 – 政治・社会 – ZAKZAK

ビルからの転落者も予想され、多数の死傷者が出る恐れがある
出典 相模トラフ巨大地震 東京超高層ビルが危ない 南海トラフでは大阪で6Mの揺れ推計 – 政治・社会 – ZAKZAK

○低層のビルでも注意が必要

地震に強いとされる免震構造でも、長周期地震動では揺れが増幅される場合があり、低層のビルでも注意が必要だ。
出典 長周期地震動、減災のカギは家具の固定 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

ビルが倒壊する危険性は低いが、転倒による負傷やエレベーターの閉じ込め、天井材の落下などが予想される。
出典 時事ドットコム:三大都市圏、大きく長い揺れ=沿岸部の超高層ビル−南海トラフ地震で推定・内閣府

内閣府は長周期地震動への備えとして、家具の固定やエレベーター対策が不可欠だとしている。
出典 長周期地震動、減災のカギは家具の固定 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

室内では家具や事務機器が猛スピードで飛んできてけがをしたり、停止したエレベーターに閉じ込められたりする恐れがあり、家具の固定や救出訓練などの対策を求めている。
出典 【南海トラフ】最大は大阪府咲洲庁舎6m揺れ、人は立てず家具が猛スピードで飛ぶ恐れ(2/2ページ) – 産経WEST

○長周期地震動とは?

震源から遠くても大きく揺れるのが特徴

ガタガタとした速い揺れではなく、2~十数秒程度のゆっくりとした揺れ。マグニチュード(M)7級以上の地震で強く現れる。
出典 東京新聞:長周期地震動 超高層ビルの揺れ最大6メートル 南海トラフ想定:社会(TOKYO Web)

建物はそれぞれ揺れやすい周期(固有周期)を持ち、高いほどゆっくりと揺れる。
出典 東京新聞:長周期地震動 超高層ビルの揺れ最大6メートル 南海トラフ想定:社会(TOKYO Web)

この固有周期が長周期地震動の周期と一致すると、地面の揺れが伝わりやすくなる共振が起こり、建物の揺れが拡大する。
出典 東京新聞:長周期地震動 超高層ビルの揺れ最大6メートル 南海トラフ想定:社会(TOKYO Web)

○今回の予測を含め、超高層ビルの建築を認めるかどうか判断

長周期地震動の影響を考慮するようになったのは3年前

国が平成24年にM8級の南海地震について試算した揺れと比べ、約7割大きくなった。
出典 【南海トラフ】最大は大阪府咲洲庁舎6m揺れ、人は立てず家具が猛スピードで飛ぶ恐れ(1/2ページ) – 産経WEST

今回の想定を受けて、国は、超高層ビルの建築を認めるかどうか判断する際の基準を見直すことにしています。
出典 長周期地震動 超高層の建物 対策が課題に NHKニュース

長周期地震動の影響を考慮するようになったのは3年前の平成24年からで、対策が取られているものは一部にとどまっています。
出典 長周期地震動 超高層の建物 対策が課題に NHKニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました