「米国でもっとも嫌われた男」がついに逮捕…エイズの治療薬55倍に値上げし物議

米連邦捜査局(FBI)は17日、証券詐欺の疑いで米製薬ベンチャーのターリング・ファーマシューティカルズの最高経営責任者(CEO)、マーティン・シュクレリ容疑者を逮捕した。ニュースをまとめ。

○薬価50倍つり上げで物議の米製薬会社CEO、詐欺で逮捕

マーティン・シュクレリ容疑者

米連邦捜査局(FBI)は17日、証券詐欺の疑いで米製薬ベンチャーのターリング・ファーマシューティカルズの最高経営責任者(CEO)、マーティン・シュクレリ容疑者を逮捕した。
出典 「米国でもっとも嫌われた男」FBIが逮捕 米製薬会社CEO、HIV感染薬を50倍に値上げ、容疑は別の証券詐欺 – 産経ニュース

シュクレリは、HIV/AIDSなどによる免疫不全に大きな効果のある薬品を1錠あたり13.5ドルから$750ドルに値上げしたことで世界に広く知られるようになった。
出典 エイズ薬を法外な値段で売ろうとしたあのマーティン・シュクレリをFBIが逮捕 | TechCrunch Japan

FBIによれば逮捕容疑は多数の証券取引法規に違反したことだという。
出典 エイズ薬を法外な値段で売ろうとしたあのマーティン・シュクレリをFBIが逮捕 | TechCrunch Japan

○以前幹部を務めていたヘッジファンドに関する容疑で逮捕

証券詐欺の舞台とされたのは、シュクレリ容疑者が2011年に設立し、やはりCEOに就いたバイオ企業レトロフィン。
出典 米カロバイオスCEO逮捕 証券詐欺容疑、株価急落後に売買停止 – SankeiBiz(サンケイビズ)

シュクレリ容疑者はエイズウイルス(HIV)感染者らが使う医薬品を一時、50倍以上に値上げし「米国で最も嫌われている男」(英BBC放送)などと批判が相次いでいた。
出典 「米国でもっとも嫌われた男」FBIが逮捕 米製薬会社CEO、HIV感染薬を50倍に値上げ、容疑は別の証券詐欺 – 産経ニュース

今回の容疑は以前幹部を務めていたヘッジファンドに関するもので、医薬品の値上げとは無関係という。
出典 「米国でもっとも嫌われた男」FBIが逮捕 米製薬会社CEO、HIV感染薬を50倍に値上げ、容疑は別の証券詐欺 – 産経ニュース

○このニュースについてネットでも話題になっている

○逮捕を受けてカロバイオスの株価は急落

カロバイオス、株価急落後に売買停止

同容疑者の取得前に1ドル足らずだった株価はその後39.50ドルまで急騰し、カロバイオスの時価総額は1億ドル(約122億円)超に膨らんでいた。
出典 米カロバイオスCEO逮捕 証券詐欺容疑、株価急落後に売買停止 – SankeiBiz(サンケイビズ)

シュクレリ容疑者はまた、米証券取引委員会(SEC)からも詐欺の疑いで告発された。
出典 薬価50倍つり上げで物議の米製薬会社CEO、詐欺で逮捕 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

同社株価は前日比53%安の11.03ドルを付け、ニューヨーク時間午前6時48分(日本時間午後8時48分)に売買停止となった。
出典 米バイオ医薬品カロバイオス、株価急落後に売買停止-CEO逮捕 (1) – Bloomberg

○シュクレリ容疑者は500万ドル払い保釈


出典 amanaimages.com

検察によるとシュクレリ容疑者はその後、500万ドル(約6億1000万円)を払って保釈された。
出典 薬価50倍つり上げで物議の米製薬会社CEO、詐欺で逮捕 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

レトロフィンの外部顧問を務めていたエバン・グリーベル弁護士も逮捕されたが、100万ドル(約1億2000万円)を払って保釈されたという。
出典 薬価50倍つり上げで物議の米製薬会社CEO、詐欺で逮捕 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

○エイズ治療薬を55倍に値上げし「米国でもっとも嫌われた男」に

エイズ治療薬「ダラプリム」

批判を受けているのは、元ヘッジファンドマネージャーが運営するスタートアップ製薬会社「チューリング・ファーマシューティカルズ」。
出典 エイズ治療薬、いきなり55倍に値上げ 製薬会社が大炎上

同社は8月に権利を買い取った「ダラプリム」という62年前に開発された感染症治療薬の価格を、1錠13.50ドル(約1620円)から、750ドル(約9万円)に値上げするとした。
出典 エイズ治療薬、いきなり55倍に値上げ 製薬会社が大炎上

政界などから怒りを買ったが、悪名を馳せていることを喜ぶかのような振る舞いをみせていた。
出典 薬価50倍つり上げで物議の米製薬会社CEO、詐欺で逮捕 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

○ドナルド・トランプにも攻撃された男

ドナルド・トランプ氏
出典 www.gettyimages.com

シュクレリ氏は価格が、製薬業界で生き残るためには、価格が見合っていないと主張。
出典 エイズ治療薬、いきなり55倍に値上げ 製薬会社が大炎上

「最近、がんなどの薬は10万ドルかそれ以上する。特殊な薬になると50万ドル以上のものもある。ダラプリムはまだ安いほうだ」などと話した。
出典 エイズ治療薬、いきなり55倍に値上げ 製薬会社が大炎上

値上げで得た収益は、より副作用の少ない薬の開発に使うと話した。
出典 エイズ治療薬、いきなり55倍に値上げ 製薬会社が大炎上

価格吊り上げでシュクレリはドナルド・トランプにさえ攻撃されるほどの「世界でもっとも嫌われる男」になったが、本人はいっこうに気にする様子もなかった。
出典 エイズ薬を法外な値段で売ろうとしたあのマーティン・シュクレリをFBIが逮捕 | TechCrunch Japan

コメント

タイトルとURLをコピーしました