1014馬力のスーパーEV「FFZero1」公開…早速カッコいいと話題になっている

新興 EV メーカー、Faraday Future が、シングルシーターのコンセプト EV マシン「FFZERO1」を発表しました。ニュースをまとめ。

○1014馬力のスーパーEV「FFZero1」公開

コンセプト車「FFZERO1」

新興 EV メーカー、Faraday Future が、シングルシーターのコンセプト EV マシン FFZero 1 を発表しました。
出典 1014馬力のスーパーEV「FFZero1」公開。最高速322km/h、ネット接続や自動運転機能も搭載する1人乗り未来カー – Engadget Japanese

初めてのコンセプト車として、「FFZERO1」を披露したのである。
出典 謎のEVベンチャーが発進、Faraday Future社の正体が少し見えた – 電動化 – 日経テクノロジーオンライン

コンセプトモデル「FFZERO1」はコンシューマ・エレクトロニクス分野の世界最大級見本市「CES2016」にあわせて発表されました。
出典 こんなんシビれるわ……! 新興メーカーFaraday FutureのEVコンセプトモデルが未来感にあふれてる – BIGLOBEニュース

○最高速度は時速322キロ以上

一人乗りのEVスーパーカーで、4台のモーターを搭載しており、加速は約3秒、最高速度は時速322キロ以上というから驚きです。
出典 こんなんシビれるわ……! 新興メーカーFaraday FutureのEVコンセプトモデルが未来感にあふれてる – BIGLOBEニュース

シートは「NASAの無重力設計に触発された、疲れにくい姿勢を保てる」デザインという。ボディはカーボンファイバー。
出典 元Tesla幹部ら創業のFaraday Future、バットモービル的コンセプトカーを披露 – ITmedia エンタープライズ

また空気抵抗を減らしつつ搭載するバッテリーの冷却も兼ねるという、前方から後方まで車体を貫通する2本のトンネル構造が目を引きます。
出典 1014馬力のスーパーEV「FFZero1」公開。最高速322km/h、ネット接続や自動運転機能も搭載する1人乗り未来カー – Engadget Japanese

○近未来的なドライバースペース

なんとこの車両はドライバーが車体中央に座る一人乗りとなっており、ドライバースペースは透明のキャノピーで覆われています。
出典 テスラを追う新興EVスタートアップ「Faraday Future」がコンセプトカー「FFZERO1」を発表 – GIGAZINE

また、座り心地が良さそうなコックピットの前方にはナビゲーションなど情報を表示するためのディスプレイやコントローラが搭載されています。
出典 こんなんシビれるわ……! 新興メーカーFaraday FutureのEVコンセプトモデルが未来感にあふれてる – BIGLOBEニュース

クルマ好きにはたまらないデザインですが、「はたしてコレが次世代EV?」と首をかしげる人がいてもおかしくないレベル。
出典 テスラを追う新興EVスタートアップ「Faraday Future」がコンセプトカー「FFZERO1」を発表 – GIGAZINE

○このニュースについてネットでも話題になっている

○自動運転も可能

「スマートフォン・ドック」を搭載

上下がカットされた操縦桿スタイルのステアリングホイールにはスマートフォンをはめ込み、こちらも各種情報やナビゲーションなどを表示可能です。
出典 1014馬力のスーパーEV「FFZero1」公開。最高速322km/h、ネット接続や自動運転機能も搭載する1人乗り未来カー – Engadget Japanese

最も重要なことだが、車外の環境やウェブに容易に接続できる機能を備える。
出典 新興企業Faraday Future、1000馬力の電気自動車コンセプト「FFZERO1」披露–テスラの競合に? – CNET Japan

なお、高度なセンサー類や電子制御機能も搭載し、自動運転も可能とのこと。
出典 1014馬力のスーパーEV「FFZero1」公開。最高速322km/h、ネット接続や自動運転機能も搭載する1人乗り未来カー – Engadget Japanese

○自由度が高いデザイン

なお「FFZERO1」は、フレームやバンパーなど、モジュールを組み合わせることで車種に合わせて寸法などを調節できる共通プラットフォーム方式を採用しています。
出典 こんなんシビれるわ……! 新興メーカーFaraday FutureのEVコンセプトモデルが未来感にあふれてる – BIGLOBEニュース

バッテリーパックを追加して容量アップを行うことも容易に対応が可能。
出典 テスラを追う新興EVスタートアップ「Faraday Future」がコンセプトカー「FFZERO1」を発表 – GIGAZINE

ユーザーの直感で自由にカスタムができるというのも魅力的。
出典 こんなんシビれるわ……! 新興メーカーFaraday FutureのEVコンセプトモデルが未来感にあふれてる – BIGLOBEニュース

○テスラに続く新興EVメーカー

設立者の一人でシニア・バイスプレジデントのニック・サンプソン氏

Faraday Futureは2014年創業のカリフォルニア州に拠点を置く非公開企業。
出典 元Tesla幹部ら創業のFaraday Future、バットモービル的コンセプトカーを披露 – ITmedia エンタープライズ

オーナーは中国の Netflix と称される「楽視網(LeTV)」などを所有する富豪 賈躍亭(ジア・ユエティン)。
出典 1014馬力のスーパーEV「FFZero1」公開。最高速322km/h、ネット接続や自動運転機能も搭載する1人乗り未来カー – Engadget Japanese

Faraday Future は幹部に元 Tesla の人材を据え、2015年12月には米ラスベガスに10億ドルで EV 工場を建設することが報じられています。
出典 1014馬力のスーパーEV「FFZero1」公開。最高速322km/h、ネット接続や自動運転機能も搭載する1人乗り未来カー – Engadget Japanese

○かなり自由にデザインされたショーカー


FFZERO1 Concept

とはいっても、この FFZero 1 は完全なコンセプトカー。
出典 1014馬力のスーパーEV「FFZero1」公開。最高速322km/h、ネット接続や自動運転機能も搭載する1人乗り未来カー – Engadget Japanese

実際に CES 2016 の会場で発表された車両がどこまで自動車として機能するのかはわかりませんが、公道走行に必要な燈火類の一部や後方確認用のミラーなどは見当たりません。
出典 1014馬力のスーパーEV「FFZero1」公開。最高速322km/h、ネット接続や自動運転機能も搭載する1人乗り未来カー – Engadget Japanese

とはいえ、ヒーローが乗っていそうな「FFZERO1」が我々に見せてくれた夢のインパクトは大きい。
出典 こんなんシビれるわ……! 新興メーカーFaraday FutureのEVコンセプトモデルが未来感にあふれてる – BIGLOBEニュース

今後EVがどのような発展を見せていくのか注目です。
出典 こんなんシビれるわ……! 新興メーカーFaraday FutureのEVコンセプトモデルが未来感にあふれてる – BIGLOBEニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました