日本の子供は安定志向!?…「将来就きたい仕事」の夢がなさすぎる

総合人事・人材サービス業を展開するアデコ株式会社は、子どもを対象にした「将来就きたい仕事」に関するアンケート調査の結果を発表しました。ニュースをまとめ。

○子供の頃なりたかった職業は何ですか?

夢はありましたか?
出典 amanaimages.com

○子供を対象に「将来就きたい仕事」に関するアンケートを実施


出典 amanaimages.com

総合人事・人材サービス業を展開するアデコ株式会社は、子どもを対象にした「将来就きたい仕事」に関するアンケート調査の結果を発表しました。
出典 イマドキの子は堅実志向? 日本の子どもが将来就きたい仕事、男子の1位は「会社員」。3位が「公務員」 – ネタとぴ

将来就きたい仕事に関するアンケート調査は2015年11〜12月、日本、韓国、香港、台湾、シンガポール、タイ、ベトナムで実施した。
出典 日本の1位はアジア唯一、子どもが将来就きたい仕事ランキング – BIGLOBEニュース

サンプル数は、日本は1,000人、アジア各国・地域で150〜1,500人。
出典 日本の1位はアジア唯一、子どもが将来就きたい仕事ランキング – BIGLOBEニュース

調査対象は日本全国の6歳~15歳の男女500人ずつ、計1,000人で、2015年12月にインターネット調査を実施したもの。
出典 イマドキの子は堅実志向? 日本の子どもが将来就きたい仕事、男子の1位は「会社員」。3位が「公務員」 – ネタとぴ

○イマドキの子は堅実志向?

将来就きたい仕事の1位は「会社員」
出典 amanaimages.com

日本の子どもが将来就きたい仕事の1位は、男子が「会社員」(10.2%)、女子が「パティシエ」(11.0%)となりました。
出典 アジアの子どもの「将来就きたい仕事」に関する調査 – 日本の1位は男子「会社員」、女子「パティシエ」 – 産経ニュース

日本の男女総合では、「会社員」が1位。次いで、2位「先生」、3位「医者」となった。
出典 日本の子供が就きたい仕事1位は「会社員」 – アジアは「先生」「医者」 | マイナビニュース

男子が将来就きたい仕事ランキング

男子が将来就きたい仕事の1位は、2013年に調査を開始して以来、2年連続で「サッカー選手」でしたが、今回、「サッカー選手」(10.0%)は僅差で2位に。
出典 イマドキの子は堅実志向? 日本の子どもが将来就きたい仕事、男子の1位は「会社員」。3位が「公務員」 – ネタとぴ

また、日本の男子では「エンジニア・プログラマー」が9位に入りました。
出典 アジアの子どもの「将来就きたい仕事」に関する調査 – 日本の1位は男子「会社員」、女子「パティシエ」 – 産経ニュース

女子が将来就きたい仕事ランキング

「公務員」も男子3位、女子5位に入っており、安定志向の子どもが増えている可能性があるという。
出典 日本の1位はアジア唯一、子どもが将来就きたい仕事ランキング – BIGLOBEニュース

女子では、昨年ランク外だった「服飾デザイナー」と「ピアノやお稽古事の先生」が、今回7位と8位にそれぞれランクインしています。
出典 イマドキの子は堅実志向? 日本の子どもが将来就きたい仕事、男子の1位は「会社員」。3位が「公務員」 – ネタとぴ

○アジア太平洋地域のなりたい職業は「先生」と「医者」

アジアでは「先生」と「医者」が人気
出典 amanaimages.com

一方、アジア太平洋地域7か国・地域の子どもによる「将来就きたい仕事」では、「先生」と「医者」の人気が高く、日本以外の6か国・地域では「先生」と「医者」のいずれかが1位に選ばれた。
出典 日本の1位はアジア唯一、子どもが将来就きたい仕事ランキング – BIGLOBEニュース

「先生」と「医者」は、どちらも3か国・地域で、将来就きたい仕事の1位に選ばれました。
出典 アジアの子どもの「将来就きたい仕事」に関する調査 – 日本の1位は男子「会社員」、女子「パティシエ」 – 産経ニュース

日本でも「先生」と「医者」は人気の職業で、それぞれ2位と3位にランクインしましたが、「会社員」が将来就きたい職業のトップ3に入ったのは日本のみでした。
出典 アジアの子どもの「将来就きたい仕事」に関する調査 – 日本の1位は男子「会社員」、女子「パティシエ」 – 産経ニュース

○このニュースについてネットでも話題になっている


出典 amanaimages.com

○国内景気の停滞感が続き安定志向になっている


出典 www.gettyimages.com

日本を含むアジア太平洋地域の7か国・地域では、「先生」と「医者」が人気の職業となりました。
出典 アジアの子どもの「将来就きたい仕事」に関する調査 – 日本の1位は男子「会社員」、女子「パティシエ」 – 産経ニュース

国内景気の長期的な停滞感が続くなか、夢を追いかけるのではなく、安定した生活を志向する子どもが増えている可能性があります。
出典 アジアの子どもの「将来就きたい仕事」に関する調査 – 日本の1位は男子「会社員」、女子「パティシエ」 – 産経ニュース

経済成長の著しいアジア太平洋地域各国および地域と、すでに成熟市場となっている日本との違いが、子どもの将来に対する考え方にも現れている可能性があります。
出典 アジアの子どもの「将来就きたい仕事」に関する調査 – 日本の1位は男子「会社員」、女子「パティシエ」 – 産経ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました