今年の「一番福」は16歳!…新年恒例「福男選び」が行われた

兵庫県西宮市の西宮神社では10日朝、参拝者たちが全速力で境内を走り抜ける、2016年、新年恒例の「福男選び」が行われました。ニュースをまとめ。

○新年恒例「福男選び」が始まった

西宮神社では9日、商売繁盛を祈る「十日えびす」が始まった。
出典 釜石「福男」門押さえ役…西宮神社10日神事 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

この日は朝から参道が参拝客であふれ、訪れた人たちは景気回復などを願って手を合わせ、福ザサを買い求めた。
出典 釜石「福男」門押さえ役…西宮神社10日神事 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

兵庫県西宮市の西宮神社では10日朝、参拝者たちが全速力で境内を走り抜ける、新年恒例の「福男選び」が行われました。
出典 新年恒例「福男選び」 兵庫・西宮神社 NHKニュース

○一番早く本殿に到達した人が「一番福」

西宮神社

「えべっさん」の愛称で知られる西宮神社では、商売繁盛を祈願する「十日えびす」に合わせて毎年、1月10日の朝に「福男選び」が行われています。
出典 新年恒例「福男選び」 兵庫・西宮神社 NHKニュース

一番乗りの参拝者を目指して神社の門から境内を走り抜け、一番早く本殿に到達した人がその年の福男、「一番福」として認められます。
出典 新年恒例「福男選び」 兵庫・西宮神社 NHKニュース

○午前6時、太鼓の音とともにスタート

まだ薄暗い午前6時、太鼓の音とともに表大門が開かれると、参加者は一気に境内へとなだれ込み、約230メートル先の本殿まで続く石畳の参道を駆け抜けた。
出典 今年の「一番福」は16歳の水田さん 西宮神社十日えびす 商売繁盛の神様「えべっさん」総本社 – 産経WEST

くじで決まった先頭グループの108人が飛び出し約230メートル先の本殿を目指して境内を走り抜けた。
出典 「一番福」は明石の16歳陸上部員 6000人参加 – 社会 : 日刊スポーツ

○今年の「一番福」は16歳の水田さん

一番福が兵庫県明石市の高校生、水田道成さん(16)。
出典 新年恒例「福男選び」 兵庫・西宮神社 NHKニュース

陸上部で400メートルが専門という水田君は3回目の挑戦。
出典 「一番福」は明石の16歳陸上部員 6000人参加 – 社会 : 日刊スポーツ

水田さんは勝因は「一番福になりたいという思い」と語り、「家族やクラスメート、陸上部の仲間に幸せを分け与えられたら」と笑顔で話した。
出典 今年の「一番福」は16歳の水田さん 西宮神社十日えびす 商売繁盛の神様「えべっさん」総本社 – 産経WEST

「二番福」は愛知県岡崎市の会社員、丹羽孝之さん(28)、「三番福」は西宮市の会社員、松下彰太さん(25)だった。
出典 今年の「一番福」は16歳の水田さん 西宮神社十日えびす 商売繁盛の神様「えべっさん」総本社 – 産経WEST

○このニュースについてネットでも話題になっている


出典 amanaimages.com

○「福男選び」とは?

福男の中で、特に知られるのは毎年1月10日の十日えびすに執行される、西宮神社(兵庫県西宮市)の「十日戎開門神事福男選び」である。
出典 福男 – Wikipedia

これは古くから行われているとされ、西宮神社には1940年からの記録が保存されていると言われる。
出典 福男 – Wikipedia

本殿下へ早く到着した順に一番から三番までがその年の福男として認定されるようになり、現在は認定証・御神像・副賞そして特別の半被が授与されます。
出典 えびす宮総本社 西宮神社 公式サイト – 忌籠、門松、開門神事福男

○それぞれ商品がもらえる

一番福・えびす様の御木像(大)、えべっさんの酒菰樽、えべっさんの米1俵、半被
出典 えびす宮総本社 西宮神社 公式サイト – 忌籠、門松、開門神事福男

二番福・えびす様の御木像(小)、えべっさんの米1俵(60kg)、半被
出典 えびす宮総本社 西宮神社 公式サイト – 忌籠、門松、開門神事福男

三番福・えびす様の御金像、八喜鯛(焼き鯛)、半被
出典 えびす宮総本社 西宮神社 公式サイト – 忌籠、門松、開門神事福男

コメント

タイトルとURLをコピーしました