2年超病欠の市議に報酬約3250万円支給…この議員に批判の声が出ている

北九州市の市議会を病気のため2年以上欠席している木村年伸市議に、この期間の報酬3300万円余りが全額支払われていたことが、議会事務局への取材で分かりました。ニュースをまとめ。

○病欠の北九州市議に報酬3250万円

北九州市の市議会を病気のため2年以上欠席している議員に、この期間の報酬3300万円余りが全額支払われていたことが、議会事務局への取材で分かりました。
出典 北九州市 2年超欠席の議員に報酬全額払う NHKニュース

報酬に関する市の条例には、長期欠席した場合の減額規定がなく、市に返納すれば公職選挙法の寄付行為に当たるという。
出典 2年超病欠の北九州市議、報酬3250万円支給 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

長期間休んだ議員の報酬の減額規定がないためで、識者から改善を求める声が出ている。
出典 病欠の北九州市議に報酬3160万円 2年余り、減額規定なく [福岡県] – 西日本新聞

○病気理由に2年以上欠席が続いている

北九州市の自民党市議、木村年伸議員

市議会事務局によると、木村市議は2013年9月10日の本会議に出席したのを最後に、欠席を続けている。
出典 北九州市議が議員報酬受け取り、議会2年以上欠席 – 社会 : 日刊スポーツ

事務所の説明では、糖尿病の悪化で入院が長引いているのが理由。
出典 北九州市議が2年以上欠席| Reuters

昨年12月までの報酬(月額約81万円、昨年4月以降は88万円)27カ月分と、期末手当5回分が支払われた。
出典 病欠の北九州市議に報酬3160万円 2年余り、減額規定なく [福岡県] – 西日本新聞

○報酬返上は公職選挙法に抵触する可能性


出典 amanaimages.com

議員報酬の返納や減額は公職選挙法の寄付行為に当たるため、条例改正などで規定を設ける必要がある。
出典 病欠の北九州市議に報酬3160万円 2年余り、減額規定なく [福岡県] – 西日本新聞

こうした定めがないまま報酬を返上しようとすると、公職選挙法で禁止する寄付行為に抵触するとみられるという。
出典 木村年伸議員、2年以上欠席しているのに3000万円支給。北九州市議会

全国20政令市で減額制度があるのは札幌市議会だけで、1年以上欠席した議員の報酬を3割減額する規定を条例で設けている。
出典 病欠の北九州市議に報酬3160万円 2年余り、減額規定なく [福岡県] – 西日本新聞

○他の議員からも批判の声

北九州市議会自民党市議団の片山尹(おさむ)団長

ある男性市議は取材に「市民感覚で3000万円は高額だ。早い段階で、ひとまず辞職するなどのけじめをつけるべきだったのではないか」と指摘した。
出典 北九州市議が議員報酬受け取り、議会2年以上欠席 – 社会 : 日刊スポーツ

別の男性市議は「報酬の取り扱いについて、議員個人が選択肢を持てるような法制度の整備が急務だ」と述べた。
出典 北九州市議が議員報酬受け取り、議会2年以上欠席 – 社会 : 日刊スポーツ

北九州市議会自民党市議団の片山尹(おさむ)団長は「これを機に減額規定の検討に入るべきだと認識している」と述べた。
出典 病欠の北九州市議に報酬3160万円 2年余り、減額規定なく [福岡県] – 西日本新聞

○このニュースについてネットでも話題になっている

北九州市議会棟

○中には批判の声も出ている


出典 amanaimages.com

○次回定例会は出席する意向

北九州市の市議会

木村市議の事務所によると、欠席は「糖尿病の治療のため」で、市議は現在も入院中。
出典 病欠の北九州市議に報酬3160万円 2年余り、減額規定なく [福岡県] – 西日本新聞

木村市議によると、この間は入退院を繰り返していたが、秘書を通じて地元の陳情を聞くなど、できる範囲で活動していたという。
出典 2年超病欠の北九州市議、報酬3250万円支給 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

「議会に出られず市民に申し訳ない」と話している。体調は回復傾向にあり、2月定例会は出席する意向だ。
出典 2年超病欠の北九州市議、報酬3250万円支給 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

コメント

タイトルとURLをコピーしました