豊臣秀吉は相当細かくて厳しい上司だった!?…戦国末期の“命令書”33通見つかる

兵庫県たつの市が平成26年に購入した史料に豊臣秀吉が重臣、脇坂安治に宛てた書状33通があったことが分かり、同市と東京大史料編纂所が21日、発表した。ニュースをまとめ。

○兵庫・たつの市で戦国末期の“命令書”33通見つかる

豊臣秀吉が脇坂安治へ宛てた書状

2年前に大量に見つかった秀吉が家臣に宛てた文書。その33通の詳しい内容が分かりました。
出典 豊臣秀吉、相当細かくて厳しい“上司”だった!?

重臣脇坂安治へ宛てた33通が含まれていたことが分かり、東京大史料編纂所と龍野歴史文化資料館が21日、発表した。
出典 秀吉の書状33通見つかる、兵庫 重臣に指示や叱責:話題のニュース:中日新聞(CHUNICHI Web)

多くは、織田信長が殺害されてから天下統一までの間に書かれたもので、家臣を厳しく叱責する内容などが含まれていた。
出典 時事ドットコム:秀吉の親書33通解読=天下統一前、家臣叱責−東大など

○非常に貴重な資料

秀吉の書状の日付は天正年間(16世紀後半)のものが多く、小牧・長久手の戦い、九州平定、大坂城造営、朝鮮出兵などについて記されていた。
出典 秀吉の書状33通見つかる、兵庫 重臣に指示や叱責:話題のニュース:中日新聞(CHUNICHI Web)

天下取りを目指す精力的な進攻を記す一方で、家臣の動きの細部に目を配るなど、厳格な統治者としての一面がうかがえる。
出典 神戸新聞NEXT|社会|秀吉、信長を呼び捨て 公開の書状で権威誇る

静岡大の小和田哲男名誉教授(戦国史)は「秀吉の天下統一に到る過程や初期の豊臣政権を考える上で非常に貴重な資料だ」としている。
出典 【動画】天下人・豊臣秀吉の叱責生々しく…兵庫・たつの市で戦国末期の“命令書”33通見つかる(1/2ページ) – 産経WEST

○東京大学の研究グループが復元・分析

書状は、市が26年2月に購入した脇坂家文書群の中にあった。
出典 【動画】天下人・豊臣秀吉の叱責生々しく…兵庫・たつの市で戦国末期の“命令書”33通見つかる(1/2ページ) – 産経WEST

火災で一部が焼けるなど損傷が激しかったが、東京大史料編纂所が、約1年半かけて修復・解読作業を進めた。
出典 【動画】天下人・豊臣秀吉の叱責生々しく…兵庫・たつの市で戦国末期の“命令書”33通見つかる(1/2ページ) – 産経WEST

保管先の火災で、一部燃えたり、水浸しになったりと、状態は悪かったものの、東京大学の研究グループが復元・分析した。
出典 www.fnn-news.com: 豊臣秀吉が家臣に送っ…

○多くは脇坂安治に宛てた手紙だった

脇坂安治
龍野神社蔵の肖像画

親書は秀吉から家臣の脇坂安治に宛てたもので、合戦資材の調達や統治などについて指示した内容。
出典 時事ドットコム:秀吉の親書33通解読=天下統一前、家臣叱責−東大など

書状からは、1585年ごろ、安治が京都御所などを建設するための材木を運ぶ役割だったことが判明。
出典 秀吉の朱印状33通 重臣に指示・叱責、東大史料編纂所が修復  :日本経済新聞

安治は秀吉が織田信長の後継争いで柴田勝家らと戦った「賤ヶ岳の戦い」で軍功を上げた7人の武将、「賤ヶ岳七本槍」の一人。
出典 【動画】天下人・豊臣秀吉の叱責生々しく…兵庫・たつの市で戦国末期の“命令書”33通見つかる(1/2ページ) – 産経WEST

○硬軟使い分けた秀吉の手腕

材木調達を任されながら、北国攻めに加わりたいと懇願する安治に対しては何度も叱った。
出典 神戸新聞NEXT|社会|秀吉、信長を呼び捨て 公開の書状で権威誇る

戦場に出ることを望み、材木の調達がおろそかになっている安治に「相延ぶるにおいては曲事たるべく候(完成が遅くなることは、決して許されない)」と、強い言葉で叱責している。
出典 【動画】天下人・豊臣秀吉の叱責生々しく…兵庫・たつの市で戦国末期の“命令書”33通見つかる(1/2ページ) – 産経WEST

だがその半面、淡路洲本藩(洲本市など)の藩主や瀬戸内海の水運を担わせるなど、一貫して重用する。
出典 神戸新聞NEXT|社会|秀吉、信長を呼び捨て 公開の書状で権威誇る

村井助教は「秀吉に何度叱られても重用された。2人の親密な関係が垣間見える」と分析する。
出典 秀吉の朱印状33通 重臣に指示・叱責、東大史料編纂所が修復  :日本経済新聞

○相当細かくて厳しい“上司”だった!?

豊臣秀吉

書状には秀吉が天下統一を目指す時期の詳細な指示や厳しい叱責が記されていた。
出典 【動画】天下人・豊臣秀吉の叱責生々しく…兵庫・たつの市で戦国末期の“命令書”33通見つかる(1/2ページ) – 産経WEST

徳川を攻めた小牧・長久手の戦いでは、尾張にいる秀吉が三重県の伊賀の国を攻めるよう細かく指示。
出典 豊臣秀吉、相当細かくて厳しい“上司”だった!?

朝鮮出兵の手紙では「バラバラではなく、一緒に攻めろ」などと具体的な戦い方まで指示しています。
出典 豊臣秀吉、相当細かくて厳しい“上司”だった!?

○このニュースについてネットでも話題になっている


出典 amanaimages.com

○小牧・長久手の戦いに関する詳細も分かった

長久手古戦場
小牧・長久手の戦いは、天正12年(1584年)に、羽柴秀吉(1586年、豊臣賜姓)陣営と織田信雄・徳川家康陣営の間で行われた戦い

小牧・長久手の戦いに関する1584年の書状では、敵の織田信雄が秀吉に求めた和睦の詳細が分かった。
出典 秀吉の朱印状33通 重臣に指示・叱責、東大史料編纂所が修復  :日本経済新聞

徳川方から織田信雄(信長の次男)の娘、家康の長男と弟らを人質に出す和睦案が出されたが、秀吉は一度は拒絶したと記述。
出典 神戸新聞NEXT|社会|秀吉、信長を呼び捨て 公開の書状で権威誇る

信雄の娘や徳川家康の息子らを人質に出すとの条件だったが、和睦を許さなかったことを安治に伝えている。
出典 秀吉の朱印状33通 重臣に指示・叱責、東大史料編纂所が修復  :日本経済新聞

○主君だった信長を呼び捨て

織田信長

1585年には、追放した家臣1人について、「信長の時代のようには甘くない」とすごんで、かくまわないよう安治に命令している。
出典 秀吉、しつこいほど細かい?…子飼い宛ての書状 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

追放者をかくまわないよう指示した書状では、「犯罪者を少々隠しても信長の時代のように許されると思い込んでいると厳しく処罰する」との内容の記述もあった。
出典 秀吉の朱印状33通 重臣に指示・叱責、東大史料編纂所が修復  :日本経済新聞

主君だった信長を呼び捨てにし、自らの権勢を厳格に示した。
出典 神戸新聞NEXT|社会|秀吉、信長を呼び捨て 公開の書状で権威誇る

他の書状には、大坂城築城に使う石を淡路島から運ぶよう安治に指示したり、1592年に安治が朝鮮出兵に加わった際に戦功をたたえ、戦況を報告するよう求めたりする文面もあった。
出典 神戸新聞NEXT|社会|秀吉、信長を呼び捨て 公開の書状で権威誇る

コメント

タイトルとURLをコピーしました