本当に大丈夫?…小児科学会など「子宮頸がんワクチン」接種を推奨

日本小児科学会など17の団体は患者への診療体制など十分な対策が講じられたとして、対象となる女性には積極的な接種を推奨するとする見解を発表しました。ニュースをまとめ。

○日本小児科学会など17の団体がワクチンの見解を発表

日本小児科学会など17の団体は患者への診療体制など十分な対策が講じられたとして、対象となる女性には積極的な接種を推奨するとする見解を発表しました。
出典 子宮けいがんワクチン 学会が接種勧める見解 | NHKニュース

見解では、子宮頸がんワクチンを導入したオーストラリアや米国など複数の国で、子宮頸がんの前段階の病変の発生が約半分に減っており、有効性は明らかと指摘。
出典 子宮頸がんワクチンを推奨 小児科学会など17団体 – 西日本新聞

健康被害に遭った人への救済が開始されたことも推奨する理由として挙げた。
出典 子宮頸がんワクチンを推奨 小児科学会など17団体 – 西日本新聞

○「子宮頸がん」とは?

「子宮頸がん」とは、女性の子宮頸部にできるがんのことです。
出典 子宮頸がん予防ワクチンQ&A|厚生労働省

子宮頸がんの発生にはヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれるウイルスが関わっています。
出典 子宮頸がん予防ワクチンQ&A|厚生労働省

子宮頸癌の最大の特徴は、原因がはっきりしている為、予防可能な癌であるという点である。
出典 子宮頸癌 – Wikipedia

○「子宮頸がん」予防のワクチンが問題になっていた

子宮頸がんの予防法としては、子宮頸がん予防ワクチンを接種することで、ヒトパピローマウイルスの感染を予防することが挙げられます。
出典 子宮頸がん予防ワクチンQ&A|厚生労働省

ヒトパピローマウィルスに既に感染してしまった人が、ワクチンを接種しても、効果はないとされる。
出典 第2章 | サルでもわかる子宮頸がんワクチン

接種は初性交の前までに済ますことが推奨され、小学生のうちに接種する国々が殆どである。
出典 ヒトパピローマウイルスワクチン – Wikipedia

○日本では接種の呼びかけを中止していた

子宮頸がんワクチンは2013年4月定期接種が始まったが、全身のしびれや痛みの報告が相次ぎ、厚労省は同6月に接種の呼びかけを中止した。
出典 子宮頸がんワクチンを推奨 小児科学会など | 河北新報オンラインニュース

患者が訴える症状は、全身の痛みやしびれ、記憶障害など幅広く、医療機関の診療科も複数にまたがる。
出典 【子宮頸がんワクチン】学会は「有効」積極勧奨再開求める – 産経ニュース

今年3月末には副作用を訴える女性らが、国などに損害賠償を求める方針を表明している。
出典 子宮頸がんワクチンを推奨 小児科学会など17団体が見解 – 産経ニュース

○WHOなどの調査では因果関係は否定


出典 amanaimages.com

日本の動きを受け、WHOは2014(平成26)年、「ワクチンは安全で有効である」との声明を発表。
出典 【子宮頸がんワクチン】学会は「有効」積極勧奨再開求める – 産経ニュース

ワクチン接種後に副反応として起きるとして話題になり、提言を受けて実施されたWHOなどの調査では、ワクチン接種との因果関係は否定されている。
出典 ヒトパピローマウイルスワクチン – Wikipedia

副作用が疑われる症状からの未回復は約0.002%で、ヨーロッパでの調査では接種者と一般集団との差は見られないとした。
出典 子宮頸がんワクチン「接種を推奨」=17学術団体が見解 – WSJ

対象となる年齢の女性には積極的な接種を推奨するとする見解を発表しました。
出典 子宮けいがんワクチン 学会が接種勧める見解 | NHKニュース

○ワクチンは世界の多くの国で使われている


出典 www.gettyimages.com

一方、オーストラリアなどでは子宮けいがんになる前段階の病変が見つかる女性が半分に減ったという報告もあってワクチンの有効性は明らかだとしています。
出典 子宮けいがんワクチン 学会が接種勧める見解 | NHKニュース

世界の多くの国で使われており有効性は明らかだと指摘。
出典 子宮頸がんワクチン「接種を推奨」=17学術団体が見解 – WSJ

2014年までに世界中で4000万回のHPVワクチン接種が実施され、オーストラリア、スコットランド、ルワンダでは、ワクチンの接種率は80%を超えた。
出典 ヒトパピローマウイルスワクチン – Wikipedia

○このニュースはネットでも話題になっている


出典 amanaimages.com

○学会が接種勧める異例の見解


出典 amanaimages.com

世界保健機関(WHO)が接種を強く勧めていることなどを挙げ、これ以上の積極勧奨中止は「極めて憂慮すべき事態だ」とした。
出典 子宮頸がんワクチン「接種を推奨」=17学術団体が見解 – WSJ

20歳以上の女性は、2年に1回の頻度で子宮頸がん検診を受けることが推奨されています。
出典 子宮頸がん予防ワクチンQ&A|厚生労働省

慶応大学の岩田敏教授は、「このワクチンは現在ほとんど接種されておらず、将来子宮けいがんを減らせなくなるおそれが出てきている。国は一刻も早く判断してほしい」と話しています。
出典 子宮けいがんワクチン 学会が接種勧める見解 | NHKニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました