あの原発事故から30年…チェルノブイリ原子力発電所は今どうなっているのか

1986年4月26日未明の事故発生から30年を迎えるウクライナ北部の原子力発電所。ニュースをまとめ。

○チェルノブイリ原子力発電所事故から30年

1986年4月26日未明の事故発生から30年を迎えるウクライナ北部のチェルノブイリ原子力発電所。
出典 チェルノブイリ事故30年、ドローンで廃虚空撮 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

多数の死者を出し、事故で飛び散った核のちりは北欧やドイツまで広がった。
出典 東京新聞:チェルノブイリ 教訓は伝え続けねば:社説・コラム(TOKYO Web)

原子力発電はエネルギーを安定供給する半面、大事故を起こすと終わりは容易に訪れないという困難さを併せ持つ。
出典 【主張】チェルノ事故30年 先例から多くを学び取れ(1/2ページ) – 産経ニュース

○原発のために造られた町は廃墟になった

チェルノブイリ4号炉の事故は1986年4月26日午前1時23分(現地時間)に、ソ連邦構成国のウクライナで起きた。
出典 【主張】チェルノ事故30年 先例から多くを学び取れ(1/2ページ) – 産経ニュース

格納容器がない旧ソ連独特の原子炉だったため、核のちりが大量に放出された。
出典 東京新聞:チェルノブイリ 教訓は伝え続けねば:社説・コラム(TOKYO Web)

原発のために造られたプリピャチは、その事故で廃虚となり、人々が生活していた歴史は20年にも満たない。
出典 チェルノブイリ事故30年、ドローンで廃虚空撮 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○人影なく、あるじは動物

隣接するウクライナ北部の原発城下町プリピャチでは、当時の住民約5万人が強制避難させられ、高層住宅街は廃虚と化した。
出典 人影なく、あるじは動物=チェルノブイリ原発の町-26日で事故30年・ウクライナ:時事ドットコム

町からは人間の営みは消え、あるじは野生動物に取って代わったようだ。
出典 人影なく、あるじは動物=チェルノブイリ原発の町-26日で事故30年・ウクライナ:時事ドットコム

無人の土地となった現地一帯は、野生動物の宝庫となっている。
出典 チェルノブイリ原子力発電所事故 – Wikipedia

○最盛期には約5万人が生活していた

プリピャチは、原発建設作業員や技術者のために1970年に建設された街で、最盛期には約5万人が生活していたとされる。
出典 チェルノブイリ事故30年、ドローンで廃虚空撮 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

プリピャチを含め、原発の半径30キロの立ち入り制限区域から強制避難させられた住民は10万人以上。大半は首都キエフに移住した。
出典 人影なく、あるじは動物=チェルノブイリ原発の町-26日で事故30年・ウクライナ:時事ドットコム

映像には、廃虚を普段着で歩き回る見学者の姿や、樹木が生い茂って荒れ果てた街並みが映っている。
出典 チェルノブイリ事故30年、ドローンで廃虚空撮 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○近年は見学ツアーが盛んだという

2010年12月21日より、ウクライナ政府は正式にチェルノブイリ原子力発電所付近への立ち入りを許可した。
出典 チェルノブイリ原子力発電所事故 – Wikipedia

現在も周辺30キロ圏内は立ち入り禁止区域になっているが、近年は同原発の見学ツアーが盛んで、世界中から見学者がチェルノブイリを訪れている。
出典 チェルノブイリ事故30年、ドローンで廃虚空撮 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○汚染地域の新事業展開も

ウクライナ政府は、立ち入り制限区域を報道陣に公開し、区域内の一部の土地を利用した新たな事業展開の方針を明らかにした。
出典 www.fnn-news.com: チェルノブイリ原発事…

ウクライナ政府が正式にこのような許可を発表したのは、現在は発電所付近の放射線レベルが低くなったためとの発表があったためである。
出典 チェルノブイリ原子力発電所事故 – Wikipedia

放射線量が十分に下がった一部の区域を利用して、太陽光発電所などを誘致したいと考えている。
出典 www.fnn-news.com: チェルノブイリ原発事…

○チェルノブイリは多くの教訓を残した

一つは健康被害。主に牛乳を飲むことで放射性ヨウ素が子どもの甲状腺に取り込まれて甲状腺がんが多発した。
出典 東京新聞:チェルノブイリ 教訓は伝え続けねば:社説・コラム(TOKYO Web)

福島では牛乳の摂取禁止などを早期に実施し、内部被ばくを抑えることができた。
出典 東京新聞:チェルノブイリ 教訓は伝え続けねば:社説・コラム(TOKYO Web)

ぜひともチェルノブイリの教訓を多面的に学び取り、事故防止を最優先目標としてもらいたい。
出典 【主張】チェルノ事故30年 先例から多くを学び取れ(2/2ページ) – 産経ニュース

○ロシアでは事故が風化

ロシアで将来起きる恐れが「ある」と考える国民が33%にまで減り、恐れは「ない」とする回答(46%)が初めて多数派になった。
出典 原発事故「再発ない」多数に=チェルノブイリ30年で風化か-ロシア:時事ドットコム

事故が風化し、「原発は安全」という認識が復活しつつあるようだ。
出典 原発事故「再発ない」多数に=チェルノブイリ30年で風化か-ロシア:時事ドットコム

15年前の01年は、恐れが「ある」が76%、「ない」が18%だった。
出典 原発事故「再発ない」多数に=チェルノブイリ30年で風化か-ロシア:時事ドットコム

○事故は今も終わっていない

4号炉の石棺

チェルノブイリ4号炉では「石棺」と呼ばれる建屋の覆いの劣化が進んでいる。
出典 【主張】チェルノ事故30年 先例から多くを学び取れ(2/2ページ) – 産経ニュース

石棺はこの場合効果的な封印手段ではなく、石棺の建設は応急処置である。
出典 チェルノブイリ原子力発電所事故 – Wikipedia

日本を含む国際協力で10年以上前から、全体を収納する巨大なシェルターを建設しているが、完成に6年の遅れが生じている。
出典 【主張】チェルノ事故30年 先例から多くを学び取れ(2/2ページ) – 産経ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました