差別許さぬ社会に向けて…「ヘイトスピーチ解消法」が話題になっている

特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)をなくすための対策法が二十四日午後、衆院本会議で可決、成立した。ニュースをまとめ。

○ヘイトスピーチ解消法 衆院で可決・成立

特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)をなくすための対策法が二十四日午後、衆院本会議で可決、成立した。
出典 ヘイトスピーチ対策法が成立 罰則なし、実効性に疑問も:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

だが、解消法は罰則規定のない理念法で、どの文言がヘイトスピーチに該当するのか、明確なガイドラインもない。
出典 【ヘイトスピーチ解消法成立】大阪市の吉村市長、一定評価も「厳罰なし」に不満(1/2ページ) – 産経WEST

現場で対応を任されることになる各自治体は手探りの状態だ。
出典 【ヘイトスピーチ解消法成立】大阪市の吉村市長、一定評価も「厳罰なし」に不満(1/2ページ) – 産経WEST

○ヘイトスピーチ解消法とは?

日本で嫌韓デモなどヘイトスピーチを抑制するための法律が制定された。
出典 日本「ヘイトスピーチ法」通過…嫌韓デモにブレーキか | Joongang Ilbo | 中央日報

ヘイトスピーチの相談や紛争の防止にあたる体制の整備や、教育や啓発活動に取り組むことなどを国の責務として明記しています。
出典 ヘイトスピーチ解消法 衆院で可決・成立 | NHKニュース

また、国と地方自治体に相談体制を整備し、教育、啓発活動の充実に取り組むという内容を盛り込んでいる。
出典 日本「ヘイトスピーチ法」通過…嫌韓デモにブレーキか | Joongang Ilbo | 中央日報

○国会レベルで抑制法を制定したのは初めて

特定の民族や人種に対する差別的言動の根絶を目指すヘイトスピーチ(憎悪表現)対策法がきのう衆院本会議で可決、成立した。
出典 憎悪表現対策法 差別許さぬ社会に向けて – 西日本新聞

日本国会レベルでヘイトスピーチ抑制法を制定したのは初めて。
出典 日本「ヘイトスピーチ法」通過…嫌韓デモにブレーキか | Joongang Ilbo | 中央日報

法律専門家の間では、実効性を疑問視する見方がある一方、国や自治体に対策を促す根拠になると期待する声も出ている。
出典 ヘイトスピーチ対策法が成立 罰則なし、実効性に疑問も:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

○禁止規定や罰則は設けなかった


出典 amanaimages.com

「不当な差別的言動は許されないことを宣言」し、人権教育や啓発活動を通じて解消に取り組むと定めた理念法で、罰則はない。
出典 ヘイトスピーチ対策法が成立 「表現の自由」「罰則」国会議員も悩んだ

憲法が保障する表現の自由を侵す恐れがあるとして禁止規定や罰則は設けなかった。
出典 憎悪表現対策法 差別許さぬ社会に向けて – 西日本新聞

禁止規定や罰則が盛り込まれず、実効性には疑問符がつく。
出典 東京新聞:ヘイト対策法成立 差別根絶へ一歩 どう生かすか:特報(TOKYO Web)

○このニュースはネットでも話題になっている

○ヘイトスピーチ解消法を心配する声も出ている


出典 amanaimages.com

○ヘイトスピーチを抑制することができるのか

日本法務省によると、2012年4月から昨年9月まで3年半の間、嫌韓デモなど差別を助長してきた団体が1152回のデモまたは街頭宣伝活動したことが把握された。
出典 日本「ヘイトスピーチ法」通過…嫌韓デモにブレーキか | Joongang Ilbo | 中央日報

今回の対策法は、保護対象を日本以外の出身者や子孫で日本に適法に居住する者と限定した。
出典 憎悪表現対策法 差別許さぬ社会に向けて – 西日本新聞

対策法を必要とする社会のありようもまた問われているのではないか。
出典 憎悪表現対策法 差別許さぬ社会に向けて – 西日本新聞

コメント

タイトルとURLをコピーしました