1日寝かせたカレーは要注意!…食中毒を起こす「ウェルシュ菌」が恐ろしい

人に下痢を起こす毒素(下痢原性毒素)を産生する「ウエルシュ菌」。食べ物と一緒に口から体内に入ると、その毒素により腹痛や下痢などの食中毒症状が起こります。ニュースをまとめ。

○1日寝かせたカレーは美味しい


出典 amanaimages.com

○しかし、そのカレーは危険かもしれません

ウェルシュ菌

人に下痢を起こす毒素(下痢原性毒素)を産生する「ウエルシュ菌」。
出典 カレーの作り置きに注意!食中毒の原因となるウエルシュ菌 – ライブドアニュース

ウエルシュ菌が食べ物と一緒に口から体内に入ると、その毒素により腹痛や下痢などの食中毒症状が起こります。
出典 寝かせたカレーで食中毒!? ウエルシュ菌にご用心! (All About) – Yahoo!ニュース

ウェルシュ菌は熱に強いため、カレーやスープなど、作り置きに便利な食品で増殖しやすい危険な食中毒菌です。
出典 カレーに増殖しやすい?ウェルシュ菌食中毒の症状と対処法 | ヘルスケア大学

○「ウェルシュ菌」とは?

ウェルシュ菌は、人や動物の腸内や土、水中などに存在します。
出典 カレーに増殖しやすい?ウェルシュ菌食中毒の症状と対処法 | ヘルスケア大学

ちょっとイメージしにくいかもしれませんが、空気が「ない」場所でのみ増殖します。
出典 寝かせたカレーで食中毒!? ウエルシュ菌にご用心! (All About) – Yahoo!ニュース

この芽胞は加熱や消毒・殺菌剤などに対し強い抵抗性を示します。
出典 ウエルシュ菌食中毒とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

○100度で1時間以上加熱しても死滅しない


出典 amanaimages.com

時間をかけて底の深い鍋で煮込むスープやカレーなどは、中心部の酸素が少なくなりやすいため、増殖するには絶好の環境となります。
出典 カレーに増殖しやすい?ウェルシュ菌食中毒の症状と対処法 | ヘルスケア大学

この芽胞はとても強く、何と100度で1時間以上加熱しても死滅しません。
出典 寝かせたカレーで食中毒!? ウエルシュ菌にご用心! (All About) – Yahoo!ニュース

給食のカレーによる食中毒などの事件が起こるのは、このためです。
出典 カレーに増殖しやすい?ウェルシュ菌食中毒の症状と対処法 | ヘルスケア大学

○食中毒事件で発生する患者数が一番多いのがこのウエルシュ菌


出典 amanaimages.com

厚生労働省の食中毒統計によると、1回の食中毒事件で発生する患者数が一番多いのがこのウエルシュ菌で、83.7人と言われています。
出典 カレーの作り置きに注意!食中毒の原因となるウエルシュ菌 – ライブドアニュース

サルモネラで19.1人、病原性大腸菌で25.2人ですから、いかに一度に多数の患者を発生させてしまう菌かが分かると思います。
出典 寝かせたカレーで食中毒!? ウエルシュ菌にご用心! (All About) – Yahoo!ニュース

加熱調理した食品はすみやかに摂食するか、冷却することが大切です。
出典 ウエルシュ菌食中毒とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

○発がん性物質も生み出す


出典 amanaimages.com

多数のウエルシュ菌に汚染された食品をヒトが食べた場合に、腸管内(生体内)で菌が増殖し、芽胞を形成する時にエンテロトキシンを産生します。
出典 ウエルシュ菌食中毒とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

この毒素の作用により下痢・腹痛などを起こす代表的な生体内毒素型(せいたいないどくそがた)食中毒を示します。
出典 ウエルシュ菌食中毒とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

特にウェルシュ菌は、腸内で肉などのたんぱく質を分解する際にニトロソアミンという発がん性物質を生み出す。
出典 激増する〝大腸がん〟を撃退するコツは?〜乳酸菌を含むヨーグルトや漬物で善玉菌を増やす!|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

○実際にお腹を壊した人も多数出ている


出典 amanaimages.com

○作り置きの料理には気を付けよう


出典 amanaimages.com

家庭で気をつけるべき食品の代表的なものが、大人も子どもも大好きなカレー。
出典 寝かせたカレーで食中毒!? ウエルシュ菌にご用心! (All About) – Yahoo!ニュース

この菌は15〜50℃で発育を示し、ほかの食中毒菌に比べ42〜45℃でもよく発育するので、保存は10℃以下または50℃以上で行う必要があります。
出典 ウエルシュ菌食中毒とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

さらに、保存されていた食品は温め直しなどの再加熱(75℃で15分以上)をして食べるようにすることも大切です。
出典 ウエルシュ菌食中毒とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

コメント

タイトルとURLをコピーしました