毎年飼育所で5000匹を羽化…哀川翔のカブトムシ愛が凄すぎる

子供たちが虫捕りに夢中になる夏休み。芸能界の“ムシキング”こと俳優の哀川翔(55)が注目されている。ニュースをまとめ。

○“ムシキング”こと俳優の哀川翔が注目されている

哀川翔

夏休みが始まり、虫好きな子どもたちは昆虫採集用の網やカゴを持って、公園などをウロウロしていることだろう。
出典 哀川翔につるの剛士、昆虫が好きすぎる芸能人たち | 日刊大衆

芸能界の“ムシキング”こと俳優の哀川翔(55)が注目されている。
出典 哀川翔 カブトムシは生きた教材 喜びと悲しみが子供を成長させる — スポニチ Sponichi Annex 芸能

中でもカブトムシにかけては飼育歴14年、毎年自宅と茨城に借りている飼育所で5000匹を羽化させていることで有名だ。
出典 夏休みの自由研究に使える?哀川翔監修「カブトムシ飼育本」は昆虫好き必見 | アサ芸プラス

○飼育本を監修するまでになった


出典 www.amazon.co.jp

カブトムシ飼育歴14年で、東京の自宅と茨城の飼育所で毎年5000匹を羽化させている、「昆虫アニキ」こと俳優の哀川翔(55)だろう。
出典 哀川翔につるの剛士、昆虫が好きすぎる芸能人たち | 日刊大衆

昨年、世界最大となるカブトムシを育て上げ、飼育本を監修するまでになった。
出典 哀川翔 カブトムシは生きた教材 喜びと悲しみが子供を成長させる — スポニチ Sponichi Annex 芸能

「飼うと子供の心が成長する」と、特に子供がいる家庭に飼育を勧め、その独自のノウハウも教えてくれた。
出典 哀川翔 カブトムシは生きた教材 喜びと悲しみが子供を成長させる — スポニチ Sponichi Annex 芸能

○昨年にはカブトムシのギネス記録を更新

昨年6月には、飼育したカブトムシが世界最大の88.0ミリを記録して、それまでの記録を3年ぶりに0.7ミリ更新。
出典 哀川翔につるの剛士、昆虫が好きすぎる芸能人たち | 日刊大衆

手塩にかけたカブトムシがギネス級のの88ミリに達したことに関しても「ギネスの実感はないけど、デカすぎると思って測ったらデカかった」と笑いながら告白。
出典 哀川翔 カブトムシ脱走にも平然「飛ばなくなったら価値ない」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

「愛情をもって育てると、そういうとこにたどり着くんだな、と感動を味わった」としみじみ語った。
出典 哀川翔 カブトムシ脱走にも平然「飛ばなくなったら価値ない」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

カブトムシを国外で正式計測している例はなく、この日本記録はそのまま「世界記録」となっている。
出典 哀川翔 カブトムシは生きた教材 喜びと悲しみが子供を成長させる — スポニチ Sponichi Annex 芸能

○残念ながら、今年はカブトムシ世界最大記録更新ならず


出典 amanaimages.com

記録更新を狙ってこの日持参したカブトムシを計測したが、わずかに及ばなかった。
出典 魅力は“美しいフォルム” 哀川翔が「カブトムシ愛」全開 | OVO [オーヴォ]

2年連続で約5000匹を育てており「大きく育てるコツは血統とエサ。来年に期待してほしい」と話した。
出典 哀川翔 カブトムシ日本記録更新ならず「来年に期待して」 — スポニチ Sponichi Annex 芸能

カブトムシの魅力を「フォルムに尽きる。ツノがあって戦いの象徴。甲虫だからよろいを着ているようなもの」と語った。
出典 哀川翔につるの剛士、昆虫が好きすぎる芸能人たち | 日刊大衆

○初代カブトムシ大使にも任命された

田村市のムシムシランドでサマーフェスティバルが開かれ、初代「カブトムシ大使」の任命式も行われた。
出典 初代カブトムシ大使に俳優の哀川翔さん任命 | NNNニュース

田村市常葉町にあるムシムシランドの初代「カブトムシ大使」に任命されたのは俳優の哀川翔さんだ。
出典 ニュース|福島中央テレビ

カブトムシ愛好家としても知られる哀川さんは約1500人の観客を前にカブトムシの育て方を熱く語った後、子供達と一緒にカブトムシ相撲を楽しんだ。
出典 初代カブトムシ大使に俳優の哀川翔さん任命 | NNNニュース

○このニュースはネットでも話題になっている

○カブトムシ愛が凄いとの声も出ている


出典 amanaimages.com

○趣味のレベルを超えたその本格的な飼育が凄い

昆虫好きが世間に注目されるようになったのは7、8年前。
出典 哀川翔 カブトムシは生きた教材 喜びと悲しみが子供を成長させる — スポニチ Sponichi Annex 芸能

当初はメディアに「アニキの意外な趣味」というように取り上げられていたが、趣味のレベルを超えたその本格的な飼育ぶりから、仕事や取材が舞い込むようになった。
出典 哀川翔 カブトムシは生きた教材 喜びと悲しみが子供を成長させる — スポニチ Sponichi Annex 芸能

カブトムシの飼育は、大人になってからのほうが多くの発見があって面白いのかもしれない。
出典 夏休みの自由研究に使える?哀川翔監修「カブトムシ飼育本」は昆虫好き必見 | アサ芸プラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました