昨年より267人減の1583人が合格…司法試験の合格者が減り続けている

法務省は9月6日、平成28年(2016年)司法試験の結果を発表した。前年より267人少ない1583人が合格したと発表した。ニュースをまとめ。

○法務省は司法試験の結果を発表した


出典 amanaimages.com

法務省は9月6日、平成28年(2016年)司法試験の結果を発表した。
出典 平成28年司法試験の合格者は1,583人、前年比267人減 | リセマム

平成28年司法試験に前年より267人少ない1583人が合格したと発表した。
出典 司法試験合格者は1583人 昨年より267人減 – 産経ニュース

合格者は男性が1212人、女性が371人。平均年齢(今年12月末時点)は28.3歳で、最年長は66歳、最年少は21歳だった。
出典 司法試験合格、大幅減の1583人 予備試験組は最多  :日本経済新聞

○「予備試験」経由の合格者は過去最多を更新


出典 amanaimages.com

合格者のうち、法科大学院を経ずに受験資格を得られる予備試験の合格者は過去最多の235人(同49人増)。
出典 司法試験、1583人合格…前年から267人減 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

法科大学院を修了しなくても受験資格が得られる「予備試験」経由の合格者は235人で前年より49人増え、過去最多を更新した。
出典 司法試験合格、大幅減の1583人 予備試験組は最多  :日本経済新聞

合格率も22・95%(前年比0・13ポイント減)にとどまり、募集停止が相次ぐ法科大学院の人気低下に拍車がかかる可能性がある。
出典 司法試験、1583人合格…前年から267人減 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○予備試験の合格率は全ての法科大学院を上回った

予備試験の合格率は61.5%で全ての法科大学院を上回った。
出典 司法試験合格、大幅減の1583人 予備試験組は最多  :日本経済新聞

全体の約15%を占め、大学院74校(廃止含む)の中で最多だった慶応大の155人を大きく上回った。
出典 司法試験、1583人合格…前年から267人減 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

予備試験は経済的な理由などで法科大学院に通えない人のための「例外措置」だが、本来の趣旨とは異なり法曹への近道として現役学生が出願するケースが相次いでいる。
出典 司法試験合格、大幅減の1583人 予備試験組は最多  :日本経済新聞

○志願者減が続く法科大学院のあり方にも影響が出る恐れも

政府が昨年6月に決定した年間合格者数の数値目標「1500人以上」をぎりぎり上回る低水準となった。
出典 司法試験、1583人合格…前年から267人減 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

受験回数の制限が昨年「5年で3回」から「同5回」に緩和されたが、受験者は6899人と前年に比べ1117人減と落ち込んだ。
出典 司法試験合格、大幅減の1583人 予備試験組は最多  :日本経済新聞

合格者数が昨年より1割以上も減ったことで、志願者減が続く法科大学院のあり方にも影響が出る可能性がある。
出典 司法試験合格者は1583人 昨年より267人減 – 産経ニュース

○学生の質の低下も指摘されている

大学院別の合格者は多い順に慶応義塾大(155人)、早稲田大(152人)、東京大(137人)、中央大(136人)、京都大(105人)。
出典 司法試験合格、大幅減の1583人 予備試験組は最多  :日本経済新聞

弁護士の就職難などを受け、政府が法曹人口増の抑制にかじを切った中で、法科大学院の入学者は減り続け、学生の質の低下も指摘されている。
出典 司法試験、1583人合格…前年から267人減 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

大学で法律を学んだ法学既修者の修了3年目までの「累積合格率」は約67%に達しており、2割台の合格率に関しては「必ずしも低いとはいえない」(法曹関係者)という意見もある。
出典 司法試験合格者は1583人 昨年より267人減 – 産経ニュース

○このニュースはネットでも話題になっている


出典 amanaimages.com

○法科大学院のあり方に疑問の声も出ている


出典 amanaimages.com

○志願者が減り続けている法科大学院


出典 amanaimages.com

法科大学院(ほうかだいがくいん)は、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とする日本の専門職大学院。
出典 法科大学院 – Wikipedia

文部科学省の調査で、2016(平成28)年度の法科大学院の入試で、志願者の数が初めて1万人を割ったことがわかりました。
出典 【教育動向】法科大学院は今どうなっているの? 志願者1万人割る – 産経ニュース

定員充足率20%以下の大学(新潟大学法科大学院等)、はては志願者が定員に満たない法科大学院も続出している。
出典 法科大学院 – Wikipedia

今後本格化する今年の法科大学院選抜試験の動向を受けて、存続を断念するところが複数出ることは想像に難くない。
出典 法科大学院、制度失敗が決定的…すでに4割が閉鎖、創価大が健闘&青学はワースト4位 | ビジネスジャーナル

○新人弁護士の収入は大幅に減っている


出典 amanaimages.com

法務省の調査によると、1年目の新人弁護士の平均年収は平成27年分が568万円。
出典 司法試験「早期1,500人輩出」に期待、日弁連中本会長がコメント | リセマム

5年前と比べて約210万円減少しており、1年目~15年目の全体では477万円の減少が見られる。
出典 司法試験「早期1,500人輩出」に期待、日弁連中本会長がコメント | リセマム

法曹人口拡大で「弁護士余り」の状況が続き、特に若手の収入が減っていることなどが敬遠されているとみられる。
出典 司法試験合格、大幅減の1583人 予備試験組は最多  :日本経済新聞

コメント

タイトルとURLをコピーしました