鬼怒川の堤防決壊から1年…今も被害の影響が続いている

昨年9月の関東・東北豪雨による鬼怒川の堤防決壊から10日で1年。常総市では、今もおよそ200人が避難生活を余儀なくされるなど、生活の再建が大きな課題となっています。ニュースをまとめ。

○鬼怒川の堤防が決壊してから1年

昨年9月の関東・東北豪雨による鬼怒川の堤防決壊から10日で1年。
出典 鬼怒川堤防決壊から1年 家は人は戻るのか…先が見えない — スポニチ Sponichi Annex 社会

2015年9月の記録的な豪雨災害から、まもなく1年。
出典 www.fnn-news.com: 鬼怒川決壊から1年 …

常総市では、今もおよそ200人が避難生活を余儀なくされるなど、生活の再建が大きな課題となっています。
出典 堤防決壊から1年 茨城・常総市 今も約200人避難 | NHKニュース

○2人が犠牲になるなど、大きな犠牲が出た

広範囲に浸水した茨城県常総市では、2人が死亡、住宅5000棟以上が全半壊するなど大きな被害が出た。
出典 鬼怒川堤防決壊から1年 家は人は戻るのか…先が見えない — スポニチ Sponichi Annex 社会

堤防が決壊し、市面積の3分の1に当たる約40平方キロメートルが浸水、2人が犠牲になった。
出典 関東・東北豪雨から1年、茨城・常総のいま 堤防再建、住宅地は更地のまま|下野新聞「SOON」

2015年の豪雨の際、常総市では、災害対策本部の役割分担が明確ではなく、対応の不備も指摘された。
出典 www.fnn-news.com: 鬼怒川決壊から1年 …

○未だに自宅を再建できないという人も多くいる

広々とした更地の中に家が1軒、ぽつんと建っていた。
出典 関東・東北豪雨から1年、茨城・常総のいま 堤防再建、住宅地は更地のまま|下野新聞「SOON」

地盤がえぐられた場所は真新しい土で埋め立てられたが、そこに建っていた9軒の住宅はなく、激流に耐えた「ヘーベルハウス」が立っているだけだ。
出典 鬼怒川堤防決壊から1年 家は人は戻るのか…先が見えない — スポニチ Sponichi Annex 社会

国からの最大300万円の支援だけでは費用が足りずに、再建できないという人も多くいるということです。
出典 堤防決壊から1年 茨城・常総市 今も約200人避難 | NHKニュース

○農業も完全には復興していない

収穫間近の米なども水没し、常総市では、75億円以上の被害が出た。
出典 www.fnn-news.com: 鬼怒川決壊から1年 …

水害を機に米作りをやめたり、営農を続けるために新たに借金をしたりする農家も少なくない。
出典 鬼怒川決壊1年 復興へ実る秋 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

不安を抱えながら、農家はそれぞれ復興へ歩み出している。
出典 鬼怒川決壊1年 復興へ実る秋 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○今も78世帯196人が避難生活を送っている

避難者は最大時で1万人を超えた。
出典 関東・東北水害:時事ドットコム

1年が経過し、家の修理や再建を終えた人がいる一方で、今も自宅に戻れない人もいる。
出典 鬼怒川堤防決壊から1年 家は人は戻るのか…先が見えない — スポニチ Sponichi Annex 社会

常総市ではおよそ5100棟の住宅が全半壊し、今もなお78世帯196人が、隣接するつくば市などの県営住宅や公務員宿舎での避難生活を余儀なくされています。
出典 堤防決壊から1年 茨城・常総市 今も約200人避難 | NHKニュース

○このニュースはネットでも話題になっている

○常総市では人口がおよそ1000人減少

公的支援の手薄さなどから家屋や事業の再建をあきらめる人もおり、常住人口は被災前より約1000人減少した。
出典 鬼怒川水害から1年 常総市が直面する「忘れられた、これからの復興」

20、30代の転出が目立つという。
出典 鬼怒川堤防決壊から1年 家は人は戻るのか…先が見えない — スポニチ Sponichi Annex 社会

この1年で人口がおよそ1000人減少し、市は人口流出への対策も進めていきたいとしています。
出典 堤防決壊から1年 茨城・常総市 今も約200人避難 | NHKニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました