最大月200時間残業も…自殺した関電社員の労災認定が話題になっている

関西電力の40代の男性社員が自殺し、長時間労働による過労が原因だったとして、労災と認定されました。ニュースをまとめ。

○関電社員の自殺を労災と認定

原子力規制委員会への対応を担当していた関西電力の課長が自殺し、過労が原因として労災認定されていたことが分かりました。
出典 原発審査対応の関電社員 “過労で自殺”労災認定

関西電力の40代の男性社員が自殺し、長時間労働による過労が原因だったとして、労災と認定されました。
出典 関電社員の自殺を労災と認定 原発審査対応で月200時間残業 | NHKニュース

1カ月の残業が最大200時間に達することもあり、労基署は過労自殺と判断した。
出典 関電課長が過労自殺、労災認定 残業200時間、原発審査担当 – 共同通信 47NEWS

○原発審査対応で月200時間残業

関西電力によりますと、死亡したのは関西電力の40代の課長職の男性です。
出典 原発審査対応の関電社員 “過労で自殺”労災認定

ことしに入ってから1か月の残業が100時間を大幅に超えるようになり、2月には200時間程に上っていました。
出典 自殺の関西電力社員 19日間の残業が150時間に | NHKニュース

男性の残業は月200時間に上ることもあったということです。
出典 関電社員の自殺を労災と認定 原発審査対応で月200時間残業 | NHKニュース

○男性は極度の繁忙状態にあったという


出典 amanaimages.com

関係者によると、男性は技術者で工事関係の課長職。
出典 高浜原発審査で関電課長が過労自殺 残業、月最大200時間:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

審査手続きの一つ、設備の詳細設計をまとめる工事計画認可申請を担当していた。
出典 高浜原発審査で関電課長が過労自殺 残業、月最大200時間:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

2基は当時、7月7日の期限までに規制委の審査手続きを終えなければ廃炉が濃厚で、関係者によると男性は極度の繁忙状態にあった。
出典 関電課長が過労自殺、労災認定 残業200時間、原発審査担当 – 共同通信 47NEWS

○出張先の東京のホテルの部屋で自殺しているのが見つかった

審査手続きの申請資料にミスが見つかるたびに規制委の対応に追われ、労働時間は1月から急増。
出典 【高浜原発】自殺した関電社員を労災認定 審査対応で月200時間残業

数万ページに及ぶ資料にミスが見つかるたびに、規制委への説明に追われていた。
出典 高浜原発審査で関電課長が過労自殺 残業、月最大200時間:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

4月20日、出張先の東京のホテルの部屋で自殺しているのが見つかったが、自殺前日までの19日間の残業時間も、少なくとも150時間に上っていた。
出典 【高浜原発】自殺した関電社員を労災認定 審査対応で月200時間残業

○関西電力のコメントは…

たびたび原子力規制庁に足を運んで規制委員会の審査会合に出席したり、担当者と折衝したりしていたということです。
出典 自殺の関西電力社員 19日間の残業が150時間に | NHKニュース

関西電力は「遺族の方の感情に配慮して、当社の社員であるかどうかについてもコメントを差し控えさせていただきます」としています。
出典 関電社員の自殺を労災と認定 原発審査対応で月200時間残業 | NHKニュース

関西電力は「回答を差し控えさせて頂く」としています。
出典 原発審査対応の関電社員 “過労で自殺”労災認定

○このニュースはネットでも話題になっている

○最近の過労死問題についても色々な声が出ている


出典 amanaimages.com

○男性は労働時間の制限は受けない「管理監督者」だった


出典 amanaimages.com

労働基準法で定める残業時間の上限は、通常は40時間。労使協定を結べば1カ月で45時間となっている。
出典 【高浜原発】自殺した関電社員を労災認定 審査対応で月200時間残業

男性は「管理監督者」に当たるとされ、労働基準法で定める労働時間の制限は受けない。
出典 関電課長が過労自殺、労災認定 残業200時間、原発審査担当 – 共同通信 47NEWS

管理監督者にあたることから労働基準法で定める労働時間の制限は受けませんが、会社側は健康や残業時間に配慮する義務があります。
出典 原発審査対応の関電社員 “過労で自殺”労災認定

○審査対応業務を巡っては、残業時間制限の適用除外とする通達がされていた

「公益上の必要により集中的な作業が必要」として、審査対応業務には年360時間の上限以外は適用しないとする通達を出していた。
出典 【高浜原発】自殺した関電社員を労災認定 審査対応で月200時間残業

再稼働に向けた審査対応業務を巡っては、厚生労働省が、労基法で定めた残業時間制限の適用除外とする通達を出している。
出典 高浜原発審査で関電課長が過労自殺 残業、月最大200時間:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

通達が出た二〇一三年時点で申請のあった原発が対象で、高浜1、2号機は対象外だった。
出典 高浜原発審査で関電課長が過労自殺 残業、月最大200時間:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

コメント

タイトルとURLをコピーしました