「神のお告げ」で暴言封印…ドゥテルテ大統領の発言が気になる

フィリピンのドゥテルテ大統領は27日、国際的に物議を醸している自身の暴言について「今後はやめると約束する」と述べた。ニュースをまとめ。

○日本に訪れていたドゥテルテ大統領

安倍晋三首相は26日夕、フィリピンのドゥテルテ大統領と官邸で会談した。
出典 親日、反米、媚中…ドゥテルテ大統領、南シナ海問題「チグハグ対応」も (1/3ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

安倍晋三首相はフィリピンのドゥテルテ大統領との首脳会談で、同氏の反米的な発言でぎくしゃくする米国との関係改善を促した。
出典 首相、ドゥテルテ氏に米と関係改善促す  :日本経済新聞

ドゥテルテ氏は南シナ海問題に言及し「日本とフィリピンは似た状況だ」「時が来たら日本の側に立つ」と語り、中国について「いろいろなノイズを出している」と不快感を示したという。
出典 親日、反米、媚中…ドゥテルテ大統領、南シナ海問題「チグハグ対応」も (1/3ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

○今回の訪日はみんなの話題になっていた

○帰国した南部ダバオの空港で「暴言をやめる」と宣言

フィリピンのドゥテルテ大統領は27日、国際的に物議を醸している自身の暴言について「今後はやめると約束する」と述べた。
出典 「暴言やめる」と宣言=神のお告げ-比大統領:時事ドットコム

数々の「暴言」で知られるフィリピンのドゥテルテ大統領が27日深夜、「もう、ののしらない」と宣言した。
出典 「もう、ののしらない」ドゥテルテ大統領が宣言 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

訪日日程を終え、帰国した南部ダバオの空港で記者団に語った。
出典 ドゥテルテ大統領、神のお告げで暴言やめる“宣言” – 社会 : 日刊スポーツ

○「神のお告げがあった」という

神のお告げがあったことを理由に、これまで連発してきた暴言をやめると宣言した。
出典 フィリピン大統領 暴言吐きま宣言!?「神のお告げ聞こえた」 — スポニチ Sponichi Annex 社会

神のお告げがあったのが理由という。
出典 「暴言やめる」と宣言=神のお告げ-比大統領:時事ドットコム

ドゥテルテ氏は「帰りの機内で空を眺めていたら『口汚い言葉をやめないと飛行機を落とすぞ』と聞こえた。誰かと思ったら神だった」と説明。
出典 ドゥテルテ大統領、神のお告げで暴言やめる“宣言” – 社会 : 日刊スポーツ

「悪態はつかないと約束した。神への誓いはフィリピン国民への誓いだ」と続けた。
出典 ドゥテルテ大統領、神のお告げで暴言やめる“宣言” – 社会 : 日刊スポーツ

○欧米への暴言もやめるかは不明

ただ、欧米への暴言もやめるのかと記者に問われると「状況による」と弱気な答えだった。
出典 ドゥテルテ大統領、神のお告げで暴言やめる“宣言” – 社会 : 日刊スポーツ

ドゥテルテ大統領が会見の中で、「どういう発言をするかは、そのときの状況にもよる」という趣旨の発言もしていることに触れています。
出典 ドゥテルテ大統領「神に誓ってののしる言葉は使わない」 | NHKニュース

○オバマ大統領に暴言を繰り返していたドゥテルテ大統領

ドゥテルテ大統領はこれまで、アメリカのオバマ大統領に対し、侮辱した発言をして、首脳会談が急きょ取りやめになるなど暴言を繰り返していました。
出典 「暴言をやめる」ドゥテルテ大統領が宣言

「売春婦の息子」「地獄へ行け」とののしるなど、過激な発言で物議を醸している。
出典 ドゥテルテ大統領、神のお告げで暴言やめる“宣言” – 社会 : 日刊スポーツ

人権の尊重を求めてきたアメリカのオバマ大統領に対して「地獄に行け」とののしるなどこれまで暴言を繰り返しており、今後の発言が注目される。
出典 ドゥテルテ大統領「神に誓ってののしる言葉は使わない」 暴言封印を宣言

○このニュースはネットでも話題になっている

○今後の発言が注目される

ドゥテルテ氏は、抵抗した容疑者の射殺など麻薬犯罪の苛烈な取り締まりを進め、米国や国連から「人権侵害」と批判が出ている。
出典 比大統領 外交の真意見極めたい | どうしんウェブ/電子版(社説)

ドゥテルテ氏の暴言については「ただの感情的な反発ではなく、米国をけん制し、日本や中国を引きつけるための計算ずくの行動」(外交関係者)との分析がある。
出典 「もう、ののしらない」ドゥテルテ大統領が宣言 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

ドゥテルテ氏は中国、日本訪問で巨額の経済協力にこぎ着けており、今のところ米国批判の必要がなくなったとの見方も出ている。
出典 「もう、ののしらない」ドゥテルテ大統領が宣言 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

コメント

タイトルとURLをコピーしました