王貞治氏も涙…「一本足打法」荒川博氏の訃報に悲しみの声が相次いでいる

王貞治氏に「一本足打法」を指導した荒川博(あらかわ・ひろし)氏が4日午後、心不全のために東京都内の病院で死去した。ニュースをまとめ。

○荒川博氏が86歳で亡くなった

荒川博氏

王貞治氏を「世界の王」へと導いたコーチとして知られる荒川博氏が4日、86歳で亡くなった。
出典 【荒川博氏死去】王貞治氏「情熱をストレートに出す人。練習のなんたるか教えてもらった」 – 産経ニュース

王貞治氏に「一本足打法」を指導した荒川博(あらかわ・ひろし)氏が4日午後、心不全のために東京都内の病院で死去した。
出典 荒川博氏が死去、王貞治氏に「一本足打法」を指導 – 野球 : 日刊スポーツ

86歳だった。告別式の日取りなどは未定。
出典 荒川博氏が死去 元巨人コーチ、「一本足打法」生みの親  :日本経済新聞

○王貞治氏も最期を看取り、涙した

「世界の王」を世に生み出した荒川氏が突然、天国へと旅立った。
出典 “一本足打法生みの親”荒川博氏急死 昼食後倒れ搬送…王さん最期みとり涙 — スポニチ Sponichi Annex 野球

4日午後4時15分、病気のため東京都内の病院で死去した。
出典 荒川博さん死去=王を指導、ヤクルト監督も-86歳:時事ドットコム

ほとんど意識はなかったが、王氏は「まだ頑張れる」とずっと声を掛け続けていた。最期をみとると、涙を流したという。
出典 “一本足打法生みの親”荒川博氏急死 昼食後倒れ搬送…王さん最期みとり涙 — スポニチ Sponichi Annex 野球

○王監督に一本足打法を伝授した名コーチ

早稲田実業高、早大を経て1953年に毎日(現ロッテ)に入団。外野手として活躍した。
出典 荒川博氏が死去 元巨人コーチ、「一本足打法」生みの親  :日本経済新聞

61年に現役を引退し、62年から70年まで巨人でコーチを務めた。
出典 荒川博氏が死去、王貞治氏に「一本足打法」を指導 – 野球 : 日刊スポーツ

選手時代の王監督に一本足打法を伝授し大打者へと育て上げる。
出典 王選手の一本足打法生みの親・荒川博さん亡くなる、86歳 : スポーツ報知

その後、昭和49年から昭和51年のシーズン途中までヤクルトで監督を務めました。
出典 王さんに一本足打法を指導 荒川博さん死去 | NHKニュース

○「荒川道場」と呼ばれる猛練習で知られた

巨人の打撃コーチとして王貞治選手に「一本足打法」を指導。
出典 王選手の一本足打法生みの親・荒川博さん亡くなる、86歳 : スポーツ報知

成績が伸び悩んでいた王氏が連日通い、猛練習した自宅は「荒川道場」と呼ばれ、素振りで畳が擦り切れたとの逸話も残る。
出典 荒川博氏が死去 元巨人コーチ、「一本足打法」生みの親  :日本経済新聞

集中力を研ぎ澄ませるため素振りに日本刀を使うこともあった。
出典 荒川博氏が死去 元巨人コーチ、「一本足打法」生みの親  :日本経済新聞

○王貞治氏のコメントは…

巨人で厳しく指導された日々を「しんどい思い出しかない。朝昼晩バットばかり振った。手、足から血が出た」と振り返った。
出典 王氏、荒川氏との思いはせる「私も幸せだったが、荒川さんも幸せだった」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

それでも、荒川氏から「打てるようになりたいんだろ」と励まされたという。
出典 王氏、荒川氏との思いはせる「私も幸せだったが、荒川さんも幸せだった」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

「情熱というものをストレートに出せる人。練習のなんたるかを教えてもらった。やれば結果が変わるんだということも教えてもらった。私も幸せだったが、荒川さんも幸せだったと思う」と語った。
出典 【荒川博氏死去】王貞治氏「情熱をストレートに出す人。練習のなんたるか教えてもらった」 – 産経ニュース

○このニュースはネットでも話題になっている

○突然の訃報に色々な声が出ています

○荒川博氏のご冥福をお祈りいたします

近年は野球解説者をしながら、少年野球やティーボールの指導などに積極的に取り組んでいた。
出典 荒川博さん死去=王を指導、ヤクルト監督も-86歳:時事ドットコム

最近まで神宮外苑の軟式打撃練習場で子供たちを教えていた。荒川氏は最後まで指導者だった。
出典 “一本足打法生みの親”荒川博氏急死 昼食後倒れ搬送…王さん最期みとり涙 — スポニチ Sponichi Annex 野球

著書に「君は王貞治になれるか」「王選手コーチ日誌」など。
出典 荒川博さん死去=王を指導、ヤクルト監督も-86歳:時事ドットコム

コメント

タイトルとURLをコピーしました