卵アレルギーは食べて予防!?…発症を80%抑制する研究結果が話題になっている

アトピー性皮膚炎と診断された乳児が生後6カ月から卵を食べ始めると、1歳時点で卵アレルギーになるのを約8割減らせるとの研究結果を国立成育医療研究センターのチームがまとめた。ニュースをまとめ。

○ゆで卵少量ずつ食べて卵アレルギー発症を80%抑制

アトピー性皮膚炎と診断された乳児が生後6カ月から卵を食べ始めると、1歳時点で卵アレルギーになるのを約8割減らせるとの研究結果を国立成育医療研究センターのチームがまとめた。
出典 卵アレルギー、早くから食べると発症率低下 研究チーム – ライブドアニュース

国立成育医療研究センターなどのチームが9日、英医学誌ランセットに発表した。
出典 卵アレルギーは食べて予防 生後半年から、発症8割減 – 共同通信 47NEWS

アレルギーの原因となる食物は早く食べ始めた方がいいという考え方で、新たな予防法につながる可能性がある。
出典 卵アレルギー、早くから食べると発症率低下 研究チーム – ライブドアニュース

○乳児に卵の乾燥粉末0.05グラムを毎日食べさせた

卵の乾燥粉末

チームは、アトピー性皮膚炎があり食物アレルギーを発症しやすいとされる乳児60人に、固くゆでた卵の乾燥粉末0.05グラムを毎日食べさせた。
出典 卵アレルギーは食べて予防 生後半年から、発症8割減 – 共同通信 47NEWS

国内ではアレルギーを懸念して幼いうちに卵を食べさせない傾向が強く、3歳児全体の6%近くが医師の指示で摂取を制限しているということです。
出典 ゆで卵少量ずつ食べて卵アレルギー発症を80%抑制 | NHKニュース

○そもそも、「食物アレルギー」とは?


出典 amanaimages.com

食物アレルギーは「食物によって引き起こされる生体に不利益な症状」であります。
出典 小児科医が語る「鶏卵アレルギー」~卵を食べられるようになる「除去解除」への秘策 | いしゃまち

原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して起こる生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)と定義されている。
出典 食物アレルギー – Wikipedia

食品によっては、アナフィラキシーショックを発症して命にかかわることもある(そばが有名)。
出典 食物アレルギー – Wikipedia

○卵アレルギーは乳幼児の食物アレルギーの中で最も多い


出典 amanaimages.com

小児の鶏卵アレルギーは、乳幼児の食物アレルギーの中で最も多い原因であります。
出典 小児科医が語る「鶏卵アレルギー」~卵を食べられるようになる「除去解除」への秘策 | いしゃまち

卵アレルギーとは鶏卵または鶏卵を含む食品が体内に入ることで起こるアレルギーです。
出典 卵アレルギーとは?どういう症状が出るの? | 実践!子供のアレルギー対策研究室

乳幼児から幼児期にかけては食物アレルギーの主要な原因として鶏卵と牛乳がその半数以上を占める。
出典 食物アレルギー – Wikipedia

○実験の結果、発症を約8割抑えることができたという


出典 amanaimages.com

一方のグループの赤ちゃんには加熱した卵の粉末50ミリグラムを、もう一方のグループの赤ちゃんにはカボチャの粉末を毎日食べてもらいました。
出典 ゆで卵少量ずつ食べて卵アレルギー発症を80%抑制 | NHKニュース

さらに生後9か月からは卵の量を250ミリグラムに増やし、1歳になった時点でゆで卵半分に相当する7000ミリグラムの卵の粉末を食べてもらいました。
出典 ゆで卵少量ずつ食べて卵アレルギー発症を80%抑制 | NHKニュース

その結果、卵を食べていない乳児の発症率が38%だったのに対し、卵を食べた乳児は8%と、発症を約8割抑えることができた。
出典 卵アレルギー、早くから食べると発症率低下 研究チーム – ライブドアニュース

○少しずつ卵を食べることで耐性がついたか


出典 amanaimages.com

この研究を行ったのは、国立成育医療研究センターの大矢幸弘医長らのグループです。
出典 ゆで卵少量ずつ食べて卵アレルギー発症を80%抑制 | NHKニュース

重い副作用はなかった。少しずつ卵を食べることで耐性がついたと考えられる。
出典 卵アレルギー、早くから食べると発症率低下 研究チーム – ライブドアニュース

アレルギーの原因となり得る食品でも、早期の摂取で発症予防につながる可能性を示した成果という。
出典 卵アレルギーは食べて予防 生後半年から、発症8割減 – 共同通信 47NEWS

○このニュースはネットでも話題になっている


出典 amanaimages.com

○今回の研究結果には色々な声が出ている


出典 amanaimages.com

○家庭で実施するのは危険!必ず医師の判断を仰いでください!


出典 amanaimages.com

大矢医長は「生後6か月ごろから少量ずつ食べ始めたほうがよい結果になることが証明できた。今後はできるかぎり早期から治療することで、子どものアレルギーを減らしていけるようにしたい」と話しています。
出典 ゆで卵少量ずつ食べて卵アレルギー発症を80%抑制 | NHKニュース

アレルギー反応を起こさない量の原因食物を摂取することによって体を慣れさせる、アレルゲン免疫療法(減感作療法)も専用機関・病院などで行われている。
出典 食物アレルギー – Wikipedia

チームは「家庭で実施するのは危険。必ず専門医に相談してほしい」と指摘している。
出典 卵アレルギーは食べて予防 生後半年から、発症8割減 – 共同通信 47NEWS

コメント

タイトルとURLをコピーしました