関東から中国で梅雨明けも…今後は熱中症に十分注意するようにしよう

気象庁は19日、静岡県内を含む東海地方が梅雨明けしたとみられると発表した。

○気象庁は中国や近畿、東海、関東甲信で梅雨明けしたとみられると発表


出典 www.flickr.com

気象庁は19日、静岡県内を含む東海地方が梅雨明けしたとみられると発表した。
出典 静岡県内梅雨明け 平年より2日早く|静岡新聞アットエス

気象庁は19日、中国や近畿、東海、関東甲信で梅雨明けしたとみられると発表した。
出典 関東から中国で梅雨明け=猛暑、熱中症に注意-気象庁:時事ドットコム

昨年との比較では、中国と近畿で1日遅く、東海は9日早く、関東甲信も10日早かった。
出典 中国から関東で梅雨明け、平年より2日早く – 産経ニュース

○九州北部地方は、梅雨明けとはならなかった


出典 www.aflo.com

今月上旬に記録的な大雨が降った九州北部地方は、梅雨明けとはなりませんでした。
出典 関東甲信・東海・近畿・中国で梅雨明け TBS NEWS

関東甲信と東海、近畿、中国の梅雨入りは6月7日ごろだった。
出典 関東から中国で梅雨明け=猛暑、熱中症に注意-気象庁:時事ドットコム

梅雨の間の降水量が平年の半分程度以下だった所は、千葉市76.5ミリ、東京都心116.5ミリ、津市159.5ミリ、和歌山市143.5ミリ、松江市171.5ミリなど。
出典 関東から中国で梅雨明け=猛暑、熱中症に注意-気象庁:時事ドットコム

○35度以上の猛暑日になると予想


出典 www.flickr.com

この先は、太平洋高気圧に覆われ、晴れる日が多くなりそうです。
出典 梅雨明け、関東甲信・東海・近畿・中国で平年より2日早く | tenki.jp

同庁は関東と東海、近畿、中国、四国の一部府県と沖縄県に高温注意情報を出し、猛暑と熱中症に注意するよう呼び掛けている。
出典 関東から中国で梅雨明け=猛暑、熱中症に注意-気象庁:時事ドットコム

午後はところによって35度以上の猛暑日になると予想され、気象庁は、各地に高温注意情報を出して熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
出典 関東甲信 東海 近畿 中国地方で梅雨明け | NHKニュース

○熱中症に十分注意するよう呼びかけている


出典 www.flickr.com

気象庁は、各地に高温注意情報を出してこまめに水分を取り、適切に冷房を使うなどして熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
出典 関東甲信 東海 近畿 中国地方で梅雨明け | NHKニュース

一方、湿った空気が流れ込む影響で、午後は各地で大気の状態が不安定になり局地的に雨雲が発達する見込みです。
出典 関東甲信 東海 近畿 中国地方で梅雨明け | NHKニュース

午後には更に気温が上がり、名古屋市や鳥取市などで35度の猛暑日が予想されるなど、各地で厳しい暑さとなる見込みです。
出典 関東甲信・東海・近畿・中国で梅雨明け TBS NEWS

○熱中症への注意が必要になる


出典 amanaimages.com

日本救急医学会によると、熱中症の救急搬送は、梅雨明けの7月上旬から上昇、7月中旬~8月上旬にピークを迎える。
出典 熱中症は梅雨明け~お盆に多発!運動・仕事中の男性と高齢者は要注意|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

全国的にも気温が平年より高くなる見通しで、熱中症への注意が必要になる。
出典 近畿が梅雨明け 平年より2日早く 今夏は「熱中症に厳重警戒」 気象庁 – 産経WEST

気象庁は、平年を上回る暑さが少なくとも8月中旬までおさまらないとの予報を出している。
出典 熱中症の予防 「危険」のサインに気づきたい : 社説 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

○このニュースはネットでも話題になっています


出典 amanaimages.com

○しかし、この暑さにみんなも参っているようです


出典 amanaimages.com

○熱中症を心配する声も多いです


出典 www.gettyimages.com

○気象庁は熱中症への警戒を呼びかけている


出典 amanaimages.com

気象庁によると、北日本と東日本の日本海側は今後1週間では初めは高気圧に覆われて晴れるが、その後は気圧の谷の影響で曇りや雨が多くなる見込み。
出典 関東甲信などが梅雨明け 平年より2日早く  :日本経済新聞

梅雨明けが宣言されたとはいえ、急な雷雨に見舞われることもあるかもしれない。
出典 【朗報】ついに関東甲信・東海・近畿・中国地方で「梅雨明け」が宣言される! | ロケットニュース24

最高気温は全国的に平年並みか高くなるといい、同庁は熱中症への警戒を呼びかけている。
出典 関東甲信などが梅雨明け 平年より2日早く  :日本経済新聞

コメント

タイトルとURLをコピーしました