卓球の張本にバド奥原が快挙を達成…海外で日本人選手が大活躍!

男子シングルス決勝で張本智和(14)=エリートアカデミー=が14歳61日のツアー史上最年少で初優勝を果たした。バドミントンの世界選手権の女子シングルスで、22歳の奥原希望選手が決勝でインドの選手に勝って、金メダルを獲得しました。

○張本智和が14歳61日のツアー史上最年少で初優勝


出典 www.aflo.com

男子シングルス決勝で張本智和(14)=エリートアカデミー=が14歳61日のツアー史上最年少で初優勝を果たした。
出典 張本、14歳61日でワールドツアー史上最年少V : スポーツ報知

男子シングルスで張本智和(14=エリートアカデミー)がワールドツアー史上最年少優勝を飾った。
出典 張本智和がワールドツアー史上最年少V チェコOP – 卓球 : 日刊スポーツ

張本智和選手(エリートアカデミー)が元世界ランキング1位のティモ・ボル選手(ドイツ)を4-2で破り、14歳61日のツアー史上最年少で初優勝を果たした。
出典 張本がワールドツアー最年少V 14歳61日で/卓球 – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)

○ドイツの元世界ランク1位、ティモ・ボルと対戦


出典 www.gettyimages.com

決勝で元世界ランク1位のティモ・ボル(36=ドイツ)と対戦。
出典 張本智和がワールドツアー史上最年少V チェコOP – 卓球 : 日刊スポーツ

6月の中国オープン準決勝では1-4と完敗していたが、この日は4-2で勝利した。
出典 張本智和がワールドツアー史上最年少V チェコOP – 卓球 : 日刊スポーツ

チェコオープンは国際卓球連盟が主催する国際大会、ワールドツアーの1つです。
出典 卓球ワールドツアー 14歳の張本が史上最年少で初優勝 | NHKニュース

○ワールドツアーの男子シングルスで史上最年少での優勝


出典 www.gettyimages.com

張本選手は、1対2とリードされた第4ゲームから持ち味の強気の攻めで立て続けに3ゲームを奪い、ゲームカウント4対2で逆転勝ちし、初優勝を果たしました。
出典 卓球ワールドツアー 14歳の張本が史上最年少で初優勝 | NHKニュース

これまでの記録は女子の伊藤美誠選手(スターツ)の14歳152日、男子では于子洋選手(中国)の16歳30日だった。
出典 張本がワールドツアー最年少V 14歳61日で/卓球 – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)

強豪・中国のトップ選手が出場していない中での大会でしたが、14歳2か月の張本選手は、ワールドツアーの男子シングルスで史上最年少での優勝となります。
出典 卓球ワールドツアー 14歳の張本が史上最年少で初優勝 | NHKニュース

○この活躍にみんなも脱帽


出典 www.gettyimages.com

○バドミントンの世界選手権で奥原希望が、この種目で日本勢初の金メダルを獲得


出典 www.aflo.com

バドミントンの世界選手権の女子シングルスで、22歳の奥原希望選手が決勝でインドの選手に勝って、金メダルを獲得しました。
出典 バドミントン世界選手権 女子シングルスで奥原が金メダル | NHKニュース

シンドゥ・プサルラ(インド)を21-19、20-22、22-20で破り、この種目で日本勢初の金メダルを獲得した。
出典 奥原、女子単で日本勢初の金=福島、広田組は銀メダル-世界バドミントン:時事ドットコム

世界選手権で日本が金メダルを獲得するのは40年ぶりで、女子シングルスでは初めてです。
出典 バドミントン世界選手権 女子シングルスで奥原が金メダル | NHKニュース

○小柄な奥原が躍動した


出典 www.aflo.com

157センチと小柄な奥原が躍動した。辛抱強く粘り、20センチ以上も長身のプサルラのミスを誘った。
出典 奥原希望が単で世界初制覇!右肩、両膝けが乗り越え – スポーツ : 日刊スポーツ


出典 www.aflo.com

試合は接戦となり、奥原選手は持ち味のフットワークを生かして第1ゲームを21対19で奪ったものの、第2ゲームは20対22で失いました。
出典 バドミントン世界選手権 女子シングルスで奥原が金メダル | NHKニュース

そして、最終の第3ゲームも一進一退の攻防が続き、最後は奥原選手が22対20で競り勝ち、ゲームカウント2対1で2時間近くに及ぶ熱戦を制して金メダルを獲得しました。
出典 バドミントン世界選手権 女子シングルスで奥原が金メダル | NHKニュース

準決勝では五輪金メダルの女王マリンを撃破。決勝は同五輪準決勝で敗れた相手に、1時間49分の死闘の末、女子シングルス日本勢初の優勝を勝ち取った。
出典 奥原希望が単で世界初制覇!右肩、両膝けが乗り越え – スポーツ : 日刊スポーツ

○2020年東京五輪でのメダル量産へ期待も


出典 www.aflo.com

日本勢の世界選手権制覇は、1977年の第1回大会女子ダブルスの栂野尾悦子、植野恵美子組以来で40年ぶり。
出典 奥原、女子単で日本勢初の金=福島、広田組は銀メダル-世界バドミントン:時事ドットコム

日本選手の決勝進出は1977年の第1回大会で女子ダブルスを制した栂野尾悦子、植野恵美子組以来。
出典 奥原、女子単初の金 世界バドミントン  :日本経済新聞

日本勢は今大会、史上最多4個のメダルを獲得し、2020年東京五輪でのメダル量産へ期待が膨らんだ。
出典 奥原、女子単初の金 世界バドミントン  :日本経済新聞

○奥原希望の優勝にみんなも喜んでいました


出典 www.gettyimages.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました